ビジネスマンの共通言語はゴルフとラグビー? いやいや、相手のコアな部分にピンポイントで刺さる話題はむしろ・・・

 

先日の打ち合わせは

私をビジネスセミナーの世界に引っ張ってくださったA社長と

私は初対面の研修エージェントBさんと

3人での訪問でした。

 

実は数年前、A社長と初めて新橋で飲んだ日が

伝説のバンド「クリーム」のベーシスト、ジャック・ブルースが亡くなった日でした。

A社長、60年代ロックがド真ん中の世代です。

 

で、今回。

今度は「クリーム」のドラマー、ジンジャー・ベイカーの訃報が!

 

「A社長と会うたびにクリームのメンバーが亡くなりますね。たぶん次はエリック・クラプトン・・・」

なんて話をしていると、Bさんが

「A社長、何年生まれです? 私はプログレ世代でして」

70年代の、ピンク・フロイドとかあの辺です。

 

そしたらA社長が私を指して、

「彼ね、KISSやってたんだよ!火吹いて!」

火は吹いてないんですが(笑)

 

担当者の方を待っている間、

60〜70年代ロックの話で盛り上がっていました。

音楽の話題って、お互いの「青春時代」にピンポイントで刺さるんです(笑)

 

ビジネスマンの共通言語って、ゴルフやラグビーだけじゃないんですね。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2019.10.8 Vol.0406>



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス