ドリームキラーに遭遇したら、「避ける」べきか「ぶつかる」べきか

 

「ドリームキラー」という言葉があります。

 

夢を抱いて頑張る人に

「おまえには無理だよ、現実を見ろ」とか言って

その夢を潰そうとする人です。

 

朝ドラ「まんぷく」では

松坂慶子さん演じる「鈴さん」が

古い価値観を代表する「ドリームキラー」の役回りですね。

 

もっともドラマなので

コミカルで、結局は萬平さんを手伝ってしまう愛されキャラですが。

 

 

最近、ある勉強会に参加したところ、

最初に講師の方から注意事項がありました。

「受講者同士でドリームキラーにならないこと」

 

この先生(個人で受講できるとは思えないほどの超大物です)は

他人の目を気にして取り繕ってしまうのを防止したいわけです。

 

 

一方、私が10年前に通った「伝説の出版講座」では

先生(D師匠)がドリームキラーと紙一重(笑)

「それ、あなたの会社では凄いかもしれないけど、本としては売れないね」

ドッヒャーン!

 

でも、散々ダメ出しされていくと、

自分が絶対に勝てるニッチなニッチな分野が残るんですよ。

 

 

この対照的な2つの講座から、わかることがあります。

ドリームキラーに出会ったら、

1 避ける

2 ぶつかる

という2つの選択肢があるということ。

 

ぶつかって折れるくらいなら、避けた方がいいでしょう。

メンタルの弱さだけでなく、まだアイデアが熟していないだけということもありますから。

 

アイデアに自信があって、さらに研ぎ澄ませたいなら

敢えてぶつかってみるのもいいでしょう。

 

 

一番ダメなのが、

中途半端なアイデアを

中途半端な相手に語ってしまって

頭ごなしに否定されて

諦める、というパターン。

 

 

ドリームキラーを「鋭いアドバイザー」にするためにも

「避ける」か「ぶつかる」か

その選択権は自分が握っておくべきです。



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス