トラブルが起きたら「ハハハハハハ!」と大笑いしてみる。「不謹慎」と叱られても大笑いしてみる。

 

いつものように埼京線が大幅乱れ&超満員だったので、

板橋駅近くのガストで3時間ほど待機。

 

いや〜、仕事がはかどるはかどる(笑)

大事な仕事を2本完成させました。ビール飲みながら。

 

 

ツイッターでは「埼京線また止まってる。死ね」とか言ってる人もたくさんいましたけど、

文句言ったら電車が動くわけでもありませんからね。

 

 

ちょっとの差なんですよ。

 

トラブルが起きたときに

「コノヤロー、死ね!」と反応するか

「おっ、ラッキー☆」と解釈するか。

 

 

もしかしたら、

身の回りに起こるトラブルというものは

何事も「ラッキー☆」と受け取ってプラスに変える能力を磨くための

「修行」なのかもしれません。

 

 

私はトラブルが起きたとき、「ハハハハハハ!」と大笑いするようにしています。

思考をプラスの向きにするスイッチです。

 

もっとも、

電車の遅延というのは

この路線のどこかで人身事故が起きているケースが多いわけですが、

「不謹慎だから」といって深刻そうな顔をしていたらきりがありません。

 

 

雨が降って

「ハハハハハハ! ほら見てこの猫っ毛、ウケるー!湿度は裏切らないんだよ」

なんてふざけると

「どこかで水害に遭っている人もいるんだよ」

 

正しい。それは確かに正しい。

でも、いま自分がしかめっ面したところで、その人たちが救われるわけではありません。

 

 

それはそれ。

 

自分は自分。

 

ここを切り離して「ハハハハハハ!」と笑えるかどうか。

 

これが「修行」と呼べる所以です。

 

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス