たくさんアウトプットした人は「自分探し」なんか必要ないと思われる件

大学生に就活のエントリーシートの指導をしながら、

内心「こりゃ無理ゲーだな」と思うことがあります。

 

どんな仕事が向いているか?

自分の強みは何か?

 

それって、頭の中だけで考えると

「これが強い人と思われたい」という願望が混ざってしまうんです。

 

あれこれトライしてきたことの中で、

これは勝った

これは負けた

これは微妙

これは圧勝

という「事実」を数え上げて初めて

強み、弱み、向き、不向きが明らかになるわけで、

 

就活シーズンになってから

慌てて「内省」してもダメなんです。

 

ましてや「自分探し」とかいって、

リュック背負ってインドに旅立っても意味ないんです。

 

たくさんアウトプットした人は

「自分探し」なんか必要ないんですよ。

そこに「事実」として転がっているので。

 

・・・この話は大学1年生に話すべきですね。

「いまから3年間、いろいろアウトプットして『勝った/負けた』を並べろ」と。

 

 

そんなことを言っている私の場合、

はっきり結果が出るアウトプットが

本の売上なわけですが・・・

 

これまで8冊出版した中で、

売り上げトップ3が
『小論文のオキテ55』
『AO・推薦のオキテ55』
『公務員試験 無敵の論文メソッド』

で、ワーストが
『現代文のオキテ55』
『公務員試験 無敵の文章理解メソッド』

 

はい、売上的には明らかです。

「現代文の先生」ではなく「小論文の先生」なんです。

 

自分としては、現代文に関して「誰にも負けない高度なノウハウ」を持っている「つもり」なんですよ。

でも残念ながら、それは市場にはウケてない(苦笑)

 

冷酷な事実ですが、

これを受け入れると今後の身の振り方が定まってくるわけです。

 

「『現代文の先生』を名乗って林修先生に挑んじゃいけない」と。

 

 

なんて、

この歳になって、社会的にもいろいろ試した結果

わかってきたのであって、

 

まだ二十歳そこそこの大学生に

「あなたの強み・弱みは何ですか?」なんて聞いても

そりゃ無理な質問だよなあ、と思う今日このごろです。

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス