【mmhmm使ってみました】スライド中心のプレゼンなら、講師の存在感をホログラムっぽく薄めるのもいいかもしれない

 

こちらが2020年8月24日現在のオンライン授業最新動画です。

 

カメラアプリ「mmhmm」を使っています。

自分の姿をこんな風に加工できるんですよ。

 

ちょっと前まではStreamYardを使って、こんなレイアウトの動画を作っていました。

 

この動画を撮りながら、思ったんですよ。

講師の顔、いらなくね?

 

 

ジャニーズの男の子や乃木坂の女の子の顔なら

講義中ずーっと見ていたいというニーズはあるでしょうが、

果たして受講者は「講師の顔」をそんなにアップで見たいものなのか???

 

 

そう考えて、一度「スライドと音声のみ」という動画を作ってみました。

すると、

今度は殺風景すぎて、見続けるのに根性いるんです。

(ま、小論文なのでスライドが文字ばっかりというのもあるんですが)

 

 

人が喋ってる感は必要。

でも講師のリアルな顔が必要不可欠なわけじゃない。

ということでしょうか?

 

 

だったらアバターでもよさそうですが、

さすがに大学に納品するのに講師がアニメみたいなアバターというのは。。。

 

 

 

そこで冒頭の動画です。

mmhmmで自分の姿をホログラム風にして

存在感を薄めてみました。

 

これなら講師自身の姿だし、学校もクレームつけにくいでしょう(笑)

 

 

ちなみに

スターウォーズにはこんな感じのホログラムがよく登場します。

R2-D2が映し出したレイア姫とか

ミレニアム・ファルコン号の中の対戦ゲーム機とか

「帝国の逆襲」の皇帝とか。

 

↑↑↑
いま見ると、めっちゃ時代を先取りしたリモート会議が行われています。



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス