【読解と要約のコツ】AO推薦は楽チンかと思いきや、難解な課題文が出されて途方に暮れがちである件

 

AO推薦(総合型選抜、学校推薦型選抜)の受験生は

そろそろ二次選考の小論文の準備に入る頃ですね。

 

みなさん、ここで面食らいます。

課題文の長さと難しさに!!

 

あれ?おかしいなあ?

学力試験を避けてAOにしたのに、

センター試験の現代文よりずっと難しいやつ読まされてるぞ???

 

ハッハッハ!人生に楽な道なんかないってことですよ(笑)

将来、楽して儲けようとマルチ商法のカモにされないか、大変心配です。

 

現代文のテストは分量も難易度もかなりコントロールされていて、

理科社会の選択科目にも左右されないようになっています。

 

でも小論文にはそんなルールはなく、

いきなり専門書とか学術論文の一部が出ることもあります。

背景知識がないと「何の話をしているのか」すらピンとこないことも。

 

2018年、青山学院大学の文化政策学部では

ルソーの『社会契約論』の一節が出ました。

 

有名な社会契約説そのものの話ではなく、

国家が君主政か民主政かはその国の農業の生産力によって決まるという、ちょっと風変わりな説の部分です。

後の時代にマルクスが言い出した唯物史観と剰余価値説を知っていればヒントになるんですが。。。

 

って、高校生がそんなこと知ってるわけがない!

普通に一般入試で受験した方が簡単だったんじゃないでしょうか?(笑)

 

さて、こんな難解課題文の迷宮に入り込んでしまった受験生のみなさんに

読解と要約のコツを紹介する動画をアップしました。

このやり方で、過去問を片っ端からマトリックスに整理してみましょう。

初めて見る難解な文章でも、勘が働くようになりますよ。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2020.10.11 Vol.0775>



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス