【脱ワンワード会話】思っていることを正しく伝えるのは学校サバイバルにも職場サバイバルにも必要な習慣だと思う件

下の子(4歳)は

食事中にこぼしたりすると

「んーー! んーーーっ!」と

ティッシュの箱を指差します。

 

ワンワードどころか、ノーワード。

 

ここで

「何が欲しいのか、ちゃんと言いなさい!」とマジレスするか

「なになに? あっち向いてホイ?ww」とボケるか。

ここは選択です。

 

そのときの親の気分にもよるわけですが(笑)

できればいつもボケてみせる心の余裕を持ちたいものです。

 

 

思っていることを言葉にするというのは

子ども同士のコミュニケーションでも大事です。

 

言葉で説得できない子は手が出てしまうし、

気持ちを言葉で表現できない子はつけ込まれます。

 

学校サバイバルのためにも

「いつ、どこで、誰が、何を、どうする」を

正しく話す習慣を身に付けさせておきたいものです(ボケながら)。

 

 

うちの子の隣のクラスの先生は「よく怒る」と評判で、

授業中も壁の向こうから

「たちあるきーー! たちあるきーー!」と聞こえてくるそうです。

 

相撲の行司さんの勝ち名乗りですか?

 

授業中、生徒が立って歩くのを注意しているそうです。

この状況がすでに普通じゃないんですけど(笑)、

私は先生の「ワンワード」の方が気になって仕方ありません。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2020.3.14 Vol.0564>

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス