【医学部受験に異変?】コロナウイルスによって「世の中を舐めてる受験生」が淘汰されるんじゃないか仮説

 

来年以降、

医学部を受験する層に変化が起きそうです。

 

本気で医療を志す受験生の割合が増えそうですね。

 

「医学部受ける子って医療を志してるんでしょ?」

いえいえ、そうでもないんです。

 

「成績トップだから、医学部」

「親が開業医だから、医学部」

「儲かる職業だから、医学部」

 

そういう子も多いんです。

私は・・・彼らとはちょっと馬が合わない(笑)

 

もちろん開業医の子にも、いい子はたくさんいるんですよ。

 

でもときどき、どうも好きになれない生徒がいるんです。

「お金払ってるんだから、代わりに志望理由書いてよ」

「全国模試3位ですけど、何か?」

 

こういうタイプは正直あんまり応援したくない(笑)

 

これまで医学部向けの参考書の話も何度かあったんですが、

こういう「世の中舐めてる層」を読者にする気になれなくて、実現しなかったんです。

 

ところが、

新型コロナで医療現場が大変なことになると、

 

この「舐めた医学部受験者」はだいぶ減ると思うんですよ。

人類の危機に立ち向かう気概のある子が増えると思います。

 

私立の入試も大きく変わるでしょう。

下駄を履かせる余地のある

「医師の心構えとは」みたいな曖昧な問題を出している場合じゃありません。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200119-00024319-gonline-bus_all

 

人類に貢献する志があって、

かつ危機に対応する能力のある子を選別するために

入試に工夫を凝らしてくると予想されます。

 

そう考えたら、

コロナ以降の医学部受験生を応援するのは

価値のあることになりそうです。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2020.4.6 Vol.0587>



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス