「自己責任論」が噛み合わない

9.11〜イラク戦争の頃から

変わってないなあ、と思いまして。

 

 

ジャーナリスト安田純平さんの件で、

日本ではいまだに「自己責任論」なんて言葉が飛び交っていますが、

 

 

おそらく「自己責任」という言葉を振りかざしている人の大半は、

この言葉の意味がわかっていないんだと思われます。

 

 

まず「責任」を調べると、どの辞書でもこんな感じの説明です。

 

1 立場上当然負わなければならない任務や義務。「引率者としての責任がある」「責任を果たす」

2 自分のした事の結果について責めを負うこと。特に、失敗や損失による責めを負うこと。「事故の責任をとる」「責任転嫁」

3 法律上の不利益または制裁を負わされること。特に、違法な行為をした者が法律上の制裁を受ける負担。主要なものに民事責任と刑事責任とがある。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

 

わかりにくいですね(笑)

 

要するに、

1は「誰が後始末をするのか」

2は「誰のせいでこうなったのか」

(3は1と2を合わせていますね)

 

 

「誰が後始末をするのか」と「誰のせいでこうなったのか」は、似ているようで違います。

 

日常生活では、

散らかした人が片付ける

壊しちゃった人が弁償する

原因を作った人と後始末をする人は同じです。

 

でも

子どもが高価なものを壊しちゃった、という場合は

子どもは後始末できないので、代わりに親が弁償しますよね?

 

「誰のせいなのか」と「誰が後始末をするのか」は一致しないケースがあるんですよ。

 

 

ということは、「自己責任」という言葉にも意味が2つあることになります。

1「自分で後始末をする」

2「自分のせいでこうなった」

 

安田さんに対し「自己責任だ!」と責める人は

「お前が『原因』だ」という2の意味。

 

「自己責任とか言うな!」と反論する人は

「邦人保護という『後始末』は国家の義務だ」という1の意味。

 

 

「自己責任」という言葉の意味が2通りあるために

平行線の議論が続いているわけです。

 

 

「『責任』には意味が2つある」という話、

2011年の『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』でも

2013年の『仕事に必要なのは「話し方」より「答え方」』でも書いたのですが、

 

合わせて12万部世に出たはずなのに、

日本の社会って変わらないものですねえ(苦笑)

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス