「脱・ゆとり」世代の新卒も、研修後のどんちゃん騒ぎで叱られるのは変わっていなかった件

新入社員研修の休憩時間に、

研修全体を統括する担当者の方がやって来て、

「先生、受講生の態度に何か問題とかありませんか?」

「は? いえ、別に」

 

前日、一日の研修が終わったあと、別々の部屋で研修を受けていた仲間が集って

下の階で「どんちゃん騒ぎ」を始めて講師に怒られたとのことで(笑)

 

 

ちなみに今年の新卒は既に「ゆとりカリキュラム以降」の学年です。

「ゆとり」とか関係なく、いつの時代も変わらないんですよ。

 

私も昔はそっち側の人間だったので、人のこと叱れません。

(代ゼミでも30歳くらいまで、生徒といっしょに騒いでいて職員に叱られていましたから)

 

 

むしろ、若いうちは羽目外して叱られた方がいいですよね。

この経験値が増えると、「どこまではOKで、どこからがNGか」がわかるようになります。

いざというとき、ギリギリを攻める勘所が養われるんですよ。

 

 

学校でも「要領のいい奴」っていましたが、彼らは

「これ以上ふざけたら先生がブチ切れる」

「今日の先生は機嫌が悪いからおとなしくしておこう」

というギリギリのさじ加減が上手いんです。

 

で、要領の悪い子が

「みんなふざけてるから、ボクも」

と遅れてノコノコ出ていって

一匹だけ捕まる。。。

 

 

コンプライアンスだのクレーム対応だのと

守りに入りがちな世の中だからこそ、

 

「ギリギリを攻める肌感覚」を養うのは大事だと思います。

 

今週、一番価値のある研修を受けたのは

どんちゃん騒ぎで大目玉を食らった子たちかもしれません。



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス