「眠くなる文章には原因が3つある件」を、東横線で乗り過ごした反省で書いてみた

「読んでいて急激に眠くなる文章」って、あります。

仕事で必要な資料だったり、受験生の場合は小論文の課題文だったりすると

「眠くなるから読まない」というわけにもいきません。

 

「眠くなる」ということは、何かが「わからない」からです。

この「わからなさ」はだいたい3種類に分類できます。

 

【1 一文一文の意味がわからない】

これが「一番わかりやすい、わからない文章」ですね(笑)

理由は2つに集約されます。

(1) 使っている用語の意味がわからない。

(2) 「風が吹くと桶屋が儲かる」みたいに因果関係を省略していて腑に落ちない。

書き手と読み手の知識や理解に差があるとき、こうなります。

 

【2 一文一文はわかるが、全体としての内容がわからない】

「エビ文」と呼ばれる文章によくある症状です。

たとえば「A 科学を肯定する話」と「B 科学を批判する話」のように

逆の内容が「A→B→A→B→…」と交互に並んでいる文章。

 

「しかし」「それに対して」などの接続詞を見落とすと

対立構造がごちゃまぜになって「意味不明な文章」に思えてしまいます。

現代文のテストに選ばれるのは決まってこのタイプの「悪文」です。

 

【3 何のために書かれた文章なのかわからない】

これは「エビ文」にすらなっていない、

対立構造が文中に書かれていない文章です。

 

たとえば「米国政府が作った新しいルール」といったら、

文中に書かれていなくてもEUと異なる点があったりするわけです。

 

この場合、対立項が思い浮かばないと「何を言いたいのか」が完成しません。

資料の一部抜粋などに多いですね。

 

 

「眠くなる、わからない」に原因が3つあるとわかれば

それぞれ対処が可能です。

「わかる」に変えれば眠気は覚めます。

 

・・・って、

なぜ急にこんな話を書いたかというと、

いま目の前に

「めっちゃ眠くなる国家公務員の過去問と答案」が届いているからです(笑)

 

こいつのせいで、

中目黒で打ち合わせなのに

うとうとしたまま元町・中華街まで行っちゃうところでしたよ(汗)

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス