「温泉旅館の無断キャンセルで損害100万円」を防ぐのは中国の「信用スコア」?それとも京都の◯◯?

お正月に

5つの温泉旅館に10人の団体予約を入れて

無断キャンセルした輩がいて

被害総額100万円以上になるというニュースがありました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00050337-yom-soci

電話番号も住所も架空だったといいますから、ミスとかではなく悪質な犯行ですね。

 

かと思うと、こんなトラブルも。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200117-00069825-gendaibiz-bus_all&p=1

外国人宿泊客がホテル内の備品を持ち帰る、というか盗んでいくそうで(笑)

 

単純に考えると

予約の時点でクレジットカード限定にするなど身元がわかるようにして

何かやらかしたらブラックリストに載せて宿泊業界で共有すればいいようなものですが・・・・

 

これに関して中国が最先端の「社会実験」をしてくれているようです。

信用スコア、あるいは社会信用システムというものです。

 

「道徳心を採点される――中国で広がる「信用スコア」の内実」
https://news.yahoo.co.jp/feature/1477

 

この記事では市民の「良い行い/悪い行い」がスコアとしてカウントされることで

市民の「モラル」が劇的に向上した、というプラス面が描かれていますが、

 

こちらの記事では「誰が何をチェックするのか」によって

厄介な監視社会の到来に警鐘を鳴らしています↓

https://wired.jp/2018/06/26/china-social-credit/

 

店や社会が個人の信用度を「数値化」しようとするから面倒くさいことになるわけで、

 

昔からの京都の「一見さんお断り」というのが

実は一番合理的だったのかもしれません。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2020.1.18 Vol.0508>



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス