「シンプルなOffice付き」の怖さ

家電量販店のノートパソコンの広告です。

「シンプルなOffice付き!! 62,800円」

 

職業柄、こういうのが気になるんです。

 

え? どこもおかしくない?

 

いえいえ。

 

「シンプルなOffice付き」というこの表現、

2つの意味に解釈できるんですよ。

 

1 Officeがインストール済みなので、買ってすぐ使える

2 Officeの中でも機能を絞った廉価版が付いてくる

 

「シンプルな」という修飾語が

「Office」にかかるのか「Office付き」にかかるのか

という話でもありますが、

 

 

誤解を生む原因はもう一つ。

 

 

修飾語は限定語でもあるんです。

 

1の「シンプルな〈Office付き〉」の場合、

Officeインストール済みのパソコンは全部シンプル。

これは修飾用法。

 

ところが

 

2の「〈シンプルなOffice〉付き」の場合、

Officeの中にシンプルなものとシンプルじゃないものがある

これが限定用法です。

 

「優しいお母さん」は「優しい」があってもなくても同じ人ですが、

「新しいお母さん」は「新しい」があるかないかで別の人を指す。

これと同じです。

 

 

ちょっと前に、フリーアナウンサーの長谷川豊さんのブログが炎上しました。

(詳しくはこちらの記事をご覧ください→https://suzukieichi.com/炎上の原因は「文法」にある/

 

記事タイトルの中の

「自業自得の人工透析患者なんて」

という表現が問題となりました。

 

「人工透析患者のうち、自業自得で病気になった人」という限定用法のつもりで書いたものが、

「人工透析患者はみんな自業自得だ」という修飾用法で受け取られてしまったんです。

 

この記事一本のために、長谷川さんはレギュラー番組すべてを降板することになりました。

 

「シンプルなOffice付き」でここまで炎上するとは思えませんが、

修飾語を不用意に使うと思わぬ誤読を招く、という怖いお話でした。

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス