YouTubeばかりボーッと観ている子どもはバカになるのか問題

 

うちの上の子、暇さえあればYouTubeを観ています。

「かんあきチャンネル」という、

小学生の姉妹がいろんなオモチャでひたすら遊びまくる動画がありまして、

なんと再生55億回、チャンネル登録260万人!

 

最近パパもYouTubeデビューして

再生5,000回で地味に喜んでいたなんて

子どもたちには言えません(笑)

 

 

さて、

子どもにYouTubeを見せるか見せないか、どれくらい見せるかで

悩んでいるご家庭も多いと思います。

 

うちも・・・正解はわからないですねえ(笑)

 

私が子どものころも

テレビばっかり観てるとバカになるよ!

マンガばっかり読んでるとバカになるよ!

ゲームばっかりやってるとバカになるよ!

エレキギター弾いてると不良になるよ!

 

いろいろ言われましたが、

バカにも不良にもならなかった(と思います)。

 

 

「受け身なのはよくない」とも言われますが、

受け身でも大量にインプットしたことがないと

良質なアウトプットができないんですよ。

作り手の側になるとよくわかります。

 

 

しかもYouTubeの人気動画は

かなり綿密に編集され、ウケるための工夫が凝らされています。

これも自分でやってみてわかりました。

 

 

映画館に入り浸っていた団塊の世代、

テレビの前にかじりついていた団塊ジュニア、

スマホでYouTubeを見ているいまの子どもたち。

 

・・・だんだん画面が小さくなっているような(笑)

 

いつの時代も

古い世代が新しいメディアを否定したくなるのは

単なる「現状維持バイアス」なのかもしれません。

 

 

なんて考えると、

子どもがYouTubeを見ることを否定する理由があんまりなくなるんですよ。

 

一つだけ心配なのが、

スマホの画面が小さいので視力が大丈夫かな?くらい。

 

いっそテレビをYouTube対応のやつに買い換えて

大画面でYouTube見せようかな?

また新しい発見があるかもしれないし。

 

 

ちなみに国語講師として役に立った

文学の表現技法についての知見の多くは

 

肺炎で1か月入院していたときに

ボーーーーーーーーーーーーーッとくり返し見ていた

「ダイ・ハード」から学びました。

 

伏線とか暗示とか人物の対比とか、

すべての小道具、すべてのカットに意図が込められていて

完璧な作品です。

 

肺炎が治った頃には

「作品」というものに対する見方が変わっていましたね。

ボーーーーーーーーーーーーーッと生きてるのも、悪くないもんです。



《セミナーのお知らせ》

◆2019年12月17日(火) 19:00〜21:00【NEW!!】

KADOKAWAビジネスセミナー
「大人の小論文講座 ベストセラー作家・カリスマ講師が教えるロジカルライティング」

会場:五番町グランドビル7F KADOKAWAセミナールーム(東京・市ヶ谷)
ご案内 http://bit.ly/34Phll2
お申し込み http://bit.ly/2KbYyZ8



◆2019年12月09日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2neqWl5

◆2019年12月09日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/2mnRcJz

◆2020年01月27日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2N6UQBY

◆2020年01月27日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2WASXk4




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス