1bdb80881614421d33ea9a269960bbce_s

「PDCA」
わかってはいるけれど、実際には上手くいかないという、あれです。

Plan(計画)→Do(実行)→Check(検証)→Action(改善)

 

個人レベルで考えたとき、PDCAはまず性格に左右されます。

子供の頃、勉強の計画を立てて、計画通りに実行できた人がどれだけいるでしょう???

小学校の夏休みの宿題から大学時代のレポートまで、計画的に勉強した経験のない人が

社会人になって急に計画的に仕事できるわけがないのです(笑)

 

もっとも、こういう個人差によるムラをなくすためにあるのが組織なわけですが、

みなさんの身の回りにはこんなPDCAありませんか?

Plan:上層部の希望と大人の諸事情で無茶な数値目標が立てられる。
Do:目標達成を至上命題としてノルマと残業が課せられる。
Check:未達成の犯人探しをして、反省させる。
Action:次こそ頑張ります!

・・・旧日本軍や崩壊前のソ連共産党を思い浮かべてしまいますが、似たような組織はいまでも少なくないようです。

 

PDCAそのものを悪く言いたいのではありません。

こうなってしまう組織には、PDCA以前に欠如していることがあるのです。

それは「実験思考」。

Plan:「こうすれば売上が伸びるんじゃなかろうか?」と考える。
Do:そのアイデアを実際にやってみる。
Check:工夫をしたグループ(実験群)といつも通りのグループ(対照群)の結果を比較する。
Action:効果があればそれでよし、効果がなければ次の手を考える。

一番の違いは、Plan(計画)が「絶対達成すべきノルマ」なのか「外れるかもしれない仮説」なのかという点です。

 

仮説にすぎないので、結果はあくまでも「データ」です。
予想したほどの効果がなかったら「こっちではない」というデータを得たことになります。次の仮説に進みましょう。

ところが「絶対達成すべき計画」だと思ってしまうと、
予想に反したことは全て「失敗」とされ、「誰が責任を取るんじゃ?!」という話になってしまいます。

その結果、管理職は守りに入って新しい試みを拒むようになり、現場の社員はノルマと責任追及で疲弊する、というお馴染みの光景になるわけです。

 

実はこの「実験としてのPDCA」、ソフトウェアやネット通販の世界ではごく普通に行われています。

「ABテスト」という名前で。

Plan:通販のページをこんなデザインにしたら売上が伸びるか?
Do:2種類のページを用意し、ユーザーがランダムにアクセスするようにする。
Check:クリック数や購買額などを比較する。
Action:売れたページデザインを採用。次はキャッチコピーを2種類作って比べてみようか?

アクセスが多ければ1日あるいは数時間で結果が出ます。

結果を比較し、片方を採用し、次の比較実験を考える。

見事にPDCAが回っているじゃないですか。

 

ここで大事なのは、

売れたデザインのページと売れなかったデザインのページにはっきり分かれるということ、

そして売れなかったという事実を一つのデータとして受け入れていることです。

「売れなかった方は損失じゃないか!」という「モッタイナイ精神」をここで発揮してはいけないのです。

実験で小さく損をしておいて、本番で大きく儲ければいいのですから。

 

「PDCAを回せない」とお嘆きのみなさん、

PDCAの肝は計画ではなく実験です。

「計画通りに成し遂げよう」ではなく「効果があるかないか試してみよう」と考えましょう。

 

─────────────────────────────────


《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg



《セミナーのお知らせ》

◆2019年2月25日(月) 10:00〜13:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2s5Pz2o

◆2019年2月25日(月) 14:00〜17:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/2QmG0Ga

◆2019年03月11日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカル コミュニケーション」
http://bit.ly/2HBnBpN

◆2019年03月11日(月) 14:00~ 17:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2FPXo59


◆2019年04月19日(金) 10:00~ 17:00
SMBCビジネスセミナー「ロジカル・ライティング 〜正しく伝わる文章術〜」
http://bit.ly/2DNZE9F


─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師の話術」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、小論文指導に「問題解決のトレーニング」を導入する独自の手法で合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』は発売以来6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計15万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に国語の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。