HAPPY NEW YEAR!!「一年の計は元旦にあり」を疑ってみる

 

新年、あけましておめでとうございます!!

 

2019年もみなさんにとって素晴らしい年になりますように!!

 

 

さて、みなさんは

 

「新年の抱負」的なものを元旦に練るタイプでしょうか?

 

 

私、若い頃はそうだったんです。

 

元旦に「今年は何にチャレンジしよう? そうだ、ロシア語を覚えよう!」

2日に書店に行ってロシア語の本を買い込み、

仕事始めで本棚の奥に埋もれて、フェイドアウト・・・。

 

 

まあ、お正月になってから考え始めたことって

成し遂げるほどの必然性がなかったりしますからね。

 

 

逆に、

実現したことって大抵、

日常の中でふと思い立って、

いてもたってもいられず、

すぐに最初の一歩を踏み出したことばかりです。

 

 

「一年の計は元旦にあり」ではなく、

「思い立ったが吉日」なんですよ。

 

 

これに気づいてからは

 

元旦だからといって「幻の一大決心」をすることもなくなり、

まだ使い切っていないのに高級なメモ帳を買い換えることもなくなり、

関係あるかどうかわかりませんが初詣も行かなくなりました(笑)

 

 

もし元旦を「吉日」にしたければ、

すでに抱いている野心を実現すべく、

行動を始めましょう!

 

もし、そんな目標がまだないならば、

これからの日常のどこかで「その日」が来るのを待ちつつ、

お雑煮でも食べてゆっくりしてましょうよ。

そんな野心のないお正月もまたいいと思います。

 

 

先日、「ナレーターやりたい」とか言い出したら、

元旦早々、プロの方からアドバイスをいただきました。

 

自分でもリサーチを始めました。

道はゼロではなさそうです。

 

雪遊びの合間でも

できることは結構ありますね。

 

「思い立ったが吉日」です。

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス