b8de9499f1327814254eaee0d255b773_s

ロジカルコミュニケーション・コンサルタントの鈴木鋭智です。

仕事柄、いろいろな方の原稿やプレゼンを拝見するのですが、

どうも「比喩」と「具体例」の区別を知らない方が多いようで。

 

「ネット通販で爆発的に利益を上げる方法」がテーマなのに

「たとえばラーメンの具でいうとネギを煮玉子に変えるようなものなんです!(ドヤッ)」

 

・・・いやいや、HPにどんな文言を載せるとか、申し込みフォームをどう作るかという具体例を聞きたいんですけど。。。

語っている方は「わかりやすく噛み砕いている」つもりでしょうが、

具体例を求めているときに比喩を語られるとイライラするものなのです。

 

 

「比喩」と「具体例」はまったく別物です。

 

 

比喩=全然違う世界の、似たような例

具体例=同じ世界の、実際にある事例

 

虫の話をしていても
イソップの「アリとキリギリス」は比喩、
ファーブルの「昆虫記」は具体例なのです。

 

具体例を挙げるべきなのは、理論はわかるが証拠が欲しいとき。
(冒頭のネット通販の話だと、「自分でもできるんだろうか?」という不安があるとき)

比喩が必要なのは、そもそも理論がわかりにくいとき。
(若者に「真面目に働け」と説いても響かないので、昆虫に喩えている)

 

聞き手(読み手)はいま「理論が飲み込めない」段階なのか、「証拠が欲しい」段階なのか。

それによって「比喩」と「具体例」は使い分けましょう。