3bd7971410ab700847a83429ed2f8d34_s
ロジカルコミュニケーション・コンサルタントの鈴木鋭智です。

「ロジカルコミュニケーション」とは「学校では教えてくれない「ビジネス国語」」です。

「必要性=それがないと困るケース」
「なぜ?=原因(過去)か目的(未来)か」

といった説明や受け答えの「型」に始まり、

「気分や憶測ではなく事実を取り上げる」
「心がけではなく仕組みに目を向ける」

といった思考の「型」まで。

言語というものが「他人への伝達」と「頭の中での思考」という2つの役割を持っているならば、言語を扱う科目も「伝達」と「思考」の両面におよぶ「はず」。

私、鈴木鋭智の書籍やセミナーが「コミュニケーション」と「問題解決」の2つを柱としているのも、この「言語は伝達と思考の道具」という両面性に由来します。

 

ところが、

日本の学校では国語の時間にこれらの「受け答え」や「思考法」についてまったく教えてくれません。

教えることといえば

古文の文法とか、
漢字や熟語とか、
文学史の知識とか、

いわゆる「教養」ばかり。

 

一見「思考力」に近そうな「読解力」も、

「傍線部と同じ意味の部分はどこか」を探すだけの「視力検査」だったりします(または「ウォーリーを探せ」)。

 

 

しかも、この「視力検査」さえパスすれば合格してしまうのが日本の大学入試。

 

本当は国立大二次試験の記述問題などは「受け答えの型」や「因果関係を考える能力」がないと完答できないようになっているのですが、

ほとんどの受験生が「視力検査レベルの不十分な解答」で合格しています(東大も同様です)。

なぜなら大学入試は「このレベルができなきゃダメ」という絶対評価ではなく、

「上位何人まで合格」という定員制(相対評価)だから。

 

 

 

しかし、社会人になってしまえば定員制はなくなります。

「説明が意味不明な営業マンだけど、10人中8位までは買ってあげる」とはいきません。

説明が伝わらなければ断られ、説明のできる営業マンに全部持っていかれます。

ビジネスは定員制でも相対評価でもないのです。

 

 

この「受け答え」や「思考法」が学校で教えられていないということは、

教育評論家的には憂慮すべき事態なのかもしれません。

でもビジネスパーソン的には大変ラッキーなことでもあります。

なぜなら、

ライバルもまだ教わっていないからです。

 

いまから出し抜くチャンスがあるとしたら、

学歴や学習歴のハンディを超える道があるとしたら、

それは受け答えと思考のスキルなのです。

 

学校では教えてくれない「ビジネス国語」。

その価値に気づいたら、さっさと学んでしまうことをお勧めします。

一度身につけたら一生得するスキルです。