「ビジネス書著者のロジック×予備校講師のわかりやすさ」ロジカルライティング講師・鈴木鋭智の公式サイト
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 職場の問題解決

職場の問題解決

「目に激辛カレー」事件に見る、学校の敷地内が治外法権になっている現状について考えてみた件

  昨日は小学校で「給食試食会」というのがありまして、 カレー、美味しかったそうです。   …

「生産性の低い国ニッポン」の象徴だったベルマーク運動が、「小5の発明少年」という教育的成果?を挙げていた件

小学校ではいまだにベルマークを整理する当番があって、   近所のママさんが会社の有給をとって参加して …

「田んぼアートといえば田舎館村」というブランドも、最初は不格好なモナリザで笑われたところから始まっていた件

  昨日は田舎館村の田んぼアートを見に行きました。 青森市から車で約1時間です。   いま …

チャンネル争いを「じゃんけんで決めない」をルールにすると、紛争解決の選択肢が増えるんじゃないか仮説

子どもたちの間でチャンネル争いとかオモチャの取り合いとかが始まると、 「じゃあ、じゃんけんで決めよう」 となり …

フェイスブックで事故現場の写真に「すごいね」を押すと、面白がっているように思われそうでモヤモヤする件

  Facebookにちょっとモヤモヤする機能がありまして。 「いいね!」で選べる絵文字です。 &n …

「高校生に社会問題の解決策を求めるのは無理だろ」という意見について考えてみた件

代ゼミ時代、 小論文を「問題解決のアイデアを出す文章」と教え始めたとき、 同業者の反応はこうでした。 &nbs …

住民に多様性のあるマンションでは「ママ・カースト」が生まれないのかも仮説

うちのマンションには 小学生が20人くらいいて、 毎朝、集団登校のために中庭に集まります。   で、 …

「みんながミスする=仕組みが原因」に気づかない学校と、わざと放置する警察の話

  入学時にはいろいろ書類を書いて提出しますが、 そのうちの一つが「記載漏れ」で戻ってきました。 同 …

アウトソーシングで企業がスリム化した結果、日本社会全体が「大企業病」になってしまった件

最近、何人かの人たちと「下請け」について語ることがありまして。 (ライターとかイラストレーターとかプログラマー …

地元の工務店の広告をネタに、コピーライティングの練習をしてみた件

いつも乗る電車のドア部分に 地元の工務店の広告が貼ってあります。 この広告のキャッチコピーが・・・気になるんで …

「世の中の問題を解決する」or「自分が解放されればええやん」2つの視点を自在に切り替える

  新入社員研修でちょこっとだけ体験する「問題解決ワーク」。   普段のセミナーだと、仕事 …

問題解決を阻んでいた「議論の盲点」を見つけるための、シンプルな質問

セミナーや研修で 身の回りのリアルな問題を挙げて、解決策を考える というワークをよくやります。   …

「正解主義」vs「仮説主義」意見を言えない若手社員を生み出してきた制度的問題

  「これについて、君の意見を聞かせてくれないか?」 「・・・・・・意見ですか? 特にありません。。 …

「うちは◯◯を売る会社」という思い込みがビジネスチャンスを逃す

  先日、ある業種の店舗で使う什器を専門に扱っている会社の方に会いました。   「じゃあ、 …

解約か継続か、LTVをめぐる攻防で金庫破りに手を染めてしまった件

  1歳の頃からお世話になってきた、しまじろう。 6歳にもなると興味が薄れてきたようなので 解約する …

「家事を手伝っても足手まといになるダメ夫」は妻の◯◯が原因だったりする説

  男性が家事を手伝うと、 奥さんに文句を言われるという話、よく聞きます(笑)   「中途 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 鈴木鋭智 Official BLOG All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.