「ビジネス書著者のロジック×予備校講師のわかりやすさ」ロジカルライティング講師・鈴木鋭智の公式サイト

ブログ

一番有効だった文章上達法を思い出したら、現在の自分が鼻で笑って全否定している方法だった件

  私の文体について意外な評価をしてくださる方がいました。 参考書の「地の文」と「解答例」の文体がは …

アウトソーシングで企業がスリム化した結果、日本社会全体が「大企業病」になってしまった件

最近、何人かの人たちと「下請け」について語ることがありまして。 (ライターとかイラストレーターとかプログラマー …

ポリコレ的にはNGでも、ミニマル思考的にはOKという「社会問題の境界線」

私のロジカルライティング研修では 「身の回り、または社会の問題を挙げて、それに対する解決策を述べなさい」 とい …

ロボット好き男子の夢を仕事で実現してしまった「音楽友だち」の話

  最近仲良くしている「音楽友だち」がいまして。   私よりずーっと若いのですが、 音楽好 …

無料体験デモセミナー「スッキリ文書で生産性アップ! ロジカルライティング」を開催します

このブログの読者のみなさんの中に 該当する方が何人いらっしゃるのかわかりませんが、 〈人事・研修担当者様限定〉 …

地元の工務店の広告をネタに、コピーライティングの練習をしてみた件

いつも乗る電車のドア部分に 地元の工務店の広告が貼ってあります。 この広告のキャッチコピーが・・・気になるんで …

「効能」や「医学的根拠」を説明しても、相手の「欲求」に火がつくわけではない件

ロジカルライティングのワークでは 最初に「自分の好きなものを人に勧める文章を書く」というワークをやります。 & …

本当の「フィードバック」とは、意見や感想を言われるなんて退屈な話ではないという解釈

学生でも社会人でも、 「音楽で食っていきたい」なんて相談をよく聞きます。 他にも声優になりたい、アニメーターに …

いまさらの告白「ゲームをやる習慣がないんです。だって消費者になるだけでしょ?」

新入社員研修で 「先週、初めて人狼をやった」と言うと 会場から笑いが起きます。   そんな、笑われる …

興味があって質問したのに「先輩に楯突いた」みたいな空気になってしまう問題の回避法

新入社員の女性からご相談をいただきました。   「自分は純粋に興味があって質問したのに、 『何で◯◯ …

「わかる部分だけ見る」か「腑に落ちない点を疑う」かで、資料の解釈が180度変わってしまう件

国家公務員総合職、 つまり国家を背負うキャリア官僚です。   その採用試験にこんな問題が出たことがあ …

「その一言」を必要とする誰かのために宇宙の力が働いたんじゃないかと思う、講師あるある

私のセミナーや研修では、 「気楽に聞いて下さいね。私が言ったこと全部メモしようとか頑張らなくていいですよ」 と …

渋谷で「VR人狼」を初体験して、トレンドに乗り遅れてた感が半端ないことを自覚した件

  みなさん、「人狼」ってご存知でした? 恥ずかしながら、最近までどういうものか知らなかったんです。 …

「世の中の問題を解決する」or「自分が解放されればええやん」2つの視点を自在に切り替える

  新入社員研修でちょこっとだけ体験する「問題解決ワーク」。   普段のセミナーだと、仕事 …

「脱・ゆとり」世代の新卒も、研修後のどんちゃん騒ぎで叱られるのは変わっていなかった件

新入社員研修の休憩時間に、 研修全体を統括する担当者の方がやって来て、 「先生、受講生の態度に何か問題とかあり …

社内研修の名札を見ると、受講者の性格から採用の傾向までわかって興味深い件

新入社員研修のシーズンです。   社内研修では、 受講者の席に各自手書きの名札が置いてあったりします …

「緊張して話が支離滅裂になってしまう」を回避するためにプロ講師がやっていること

  前回の記事に対して、 「金髪ロン毛の写真を公開してほしい」というリクエストを数件いただきましたが …

仙台駅東口で、30歳過ぎてはじめて仕事に打ち込んだ日々を思い出した件

先日、数年ぶりに仙台の街を歩きまして。 18年間も住んでいたので、どこもかしこも思い出がいっぱいです。 &nb …

問題解決を阻んでいた「議論の盲点」を見つけるための、シンプルな質問

セミナーや研修で 身の回りのリアルな問題を挙げて、解決策を考える というワークをよくやります。   …

« 1 2 3 4 13 »
PAGETOP
Copyright © 鈴木鋭智 Official BLOG All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.