「考える」ではなく「捨てる」。問題解決のための“超”ロジカルシンキング

ブログ

グローバル時代の「自己紹介」と「つかみ方」

  たまに「受講者のほとんどが外国人」という研修をご依頼いただきます。   全員中国人、全 …

外国人受講者ほど「簡単だった」と答えるアンケートの謎

  定期的に登壇しているセミナーで 受講後のアンケートというのがあります。   &nbsp …

辞めたいバイト講師をフグ料理で引き留められるか?

  地方の学習塾をお手伝いしたときの話です。   ちょうど塾長が困っていました。 若い女性 …

ご機嫌な建設現場

  わが家の目の前で大きなビルの建設が進んでいます。   建設現場って、 ふつうは仮囲いと …

地球の中心さいたま vs 辺境マインド

近所のホームセンターで地球儀を買ってみたところ、 クルクル遊び始めた子どもたちが、突然   &nbs …

人間は、戦う相手をよく間違える

  「うちの上層部、考えが古いんですよ! 経営陣を入れ替えないと会社に未来はない!」   …

講師モードとコンサルモード

  セミナーの休憩時間や終了後に ご質問をいただくことはよくありますが、   私の場合、さ …

「年金暮らしジジイ」ツイートは褒め言葉だった件

青森市議選で当選した若者が 「年金暮らしジジイ」ツイート問題で 謝罪会見を開いていました。   でも …

顧客対応メールが果てしなく長くなる問題

  こんなご相談を受けました。 「クライアントからのお問い合わせに対応するメールが、果てしなく長くな …

イクメンと専業主夫がごっちゃにされている件

  ちょっと前、 古い友人に会ったら、開口一番   「専業主夫やってるんだって? どんな生 …

「自己責任論」が噛み合わない

9.11〜イラク戦争の頃から 変わってないなあ、と思いまして。     ジャーナリスト安田 …

キーーーーーン!ハウリングが止まらない

  仕事をしていると、 いろんな事情が立ちはだかって 折り合いのつけ方が問われることも多いものです。 …

メルマガに痛恨の誤植!!

  メルマガの読者の方からメッセージをいただきました。   「このメルマガが気に入ったので …

いらん物を作って売る経済

  楽観的な予想ですが、 歴史の流れ方の一つに「ムダがなくなる」というのがあると思います。 &nbs …

異業種に触れると「相場の桁」が変わる

  人にはそれぞれ 自分が普段やっている仕事の範囲で 「相場感」というのがあるものです。 &nbsp …

算数も人生も「インド式」

  動画アプリ「YouTube Kids」の「かけ算パスワード」。 まだ九九を教わっていない6歳の幼 …

「やられ桃太郎」と「心配シンデレラ」

  子どもたちを寝かしつけるとき、 必ず「お話」をせがまれます。     中でも …

直帰率100%(泣)の人気No.1記事

  久しぶりに参考書を出版したということもあって、 2年近く放置していた受験生向けのブログに再び手を …

人に話すと、アイデアもチャンスも降ってくる

  昨日は インスタグラムで浦島太郎の気分になった話 を書きましたが、     …

「目で見てわかる」はやっぱり強い

  古いSNSアカウントを整理したついでに 削除していたインスタグラムのアプリを再インストールしまし …

テレ朝とフジ、どっちのクイズ番組が好き?

  テレビ朝日のクイズ番組といえば、 Qさま、ミラクル9、タイムショック、アタック25。 &nbsp …

存在も忘れていたmixiにログインしてみると・・・

  昨日の 「ネット上に残っている古いプロフィール」問題に続いて、 というか、ここから派生して、 & …

ネットに散らかる「黒歴史」を回収する

『お金を整える』という、とてもいい本があります。 お金は『ない』のではなく『散らかっている』だけ。 だから財布 …

Google新ルールとの攻防

  先日、Google製の子ども向けアプリ「YouTube Kids」のお話をしました。 子どもが勝 …

埋蔵金を掘り当てろワン

  ある専門学校から「話し方研修」のオファーをいただいたときの話です。   その業界では最 …

本業は「貿易商」?

  最近、久しぶりに高校生向けの参考書を出したというのもあって、 「本業は何なのか?」問題が再浮上し …

「理由は3つ」で平行線

  「ポイントは3つあります(ドヤッ)」   意識高い系のビジネスマンがよく使う話法ですが …

社内研修は嫌われ者なのか?

先日、駅ナカのカフェで隣のテーブルにいた若いサラリーマン2人が話していました。 「明日、研修だよ。だりーーー。 …

化学反応を引き起こす学び方

  よく、講座とかセミナーの前に   「学ぶ目的をはっきりさせましょう」   な …

自分の名前をブランドにする

  私、「鈴木鋭智(すずきえいち)」という名前がずっと嫌いでした。   まず「鋭智」を一発 …

ぼんやり見ていて初めて気づく

  5月と6月に 福島県の只見町というところに行ってきました。 高校での講演会です。   …

「シンプルなOffice付き」の怖さ

家電量販店のノートパソコンの広告です。 「シンプルなOffice付き!! 62,800円」   職業 …

元ネタは『風姿花伝』

  おかげさまで 紙の書籍の方も発売開始となりました!! 新刊『採点者の心をつかむ 合格するプレゼン …

「あなたの話には主語がない」と叱られる人たち

「あなたの話には“主語”がない」と指摘される人、よくいます。   文法的には「主語」じゃないんですけ …

アテンション・プリーズ!

  昨日は幼稚園の運動会でした。   ベテランの先生と新人の先生を見ていると、 「子どもた …

才能はあると思ってたんだけどなあ・・・(苦笑)

自分に向いていることがわからない、とか 好きなことを仕事にしたい、とか 進路やキャリアについて悩む方、多いです …

ビジュアル多めの仕上がりです☆

新刊の実物ができあがりました。 最後の最後で中身の色が赤から青に変わり、 シャキッとした印象に仕上がりました。 …

集団面接?集団討論? ディベート?ディスカッション?

「面接だと聞いていたのに、なぜか司会やらされました」 「ディスカッションって書いてあったのに、実際はディベート …

『採点者の心をつかむ 合格するプレゼンテーション・面接・集団討論』

  いよいよ発売です!! 『採点者の心をつかむ 合格するプレゼンテーション・面接・集団討論』(かんき …

「ダメに決まってるでしょ!」が面白い

  セミナー中の「問題解決ワーク」で   「子どもがテレビを見すぎることが問題だ」 &nb …

予備校から社会人教育へ「転職」?した理由

  「なんで『受験の専門家』なのにビジネスマンに教えてんの?」   よく聞かれます。 &n …

気持ちを語るのは野暮だよね

  「このドラマ、面白いんです」ではなく「視聴率20%」 「頭良くなった気がする」ではなく「偏差値が …

ルービックキューブ、あと一段

  いま、リビングに ルービックキューブが置いてありまして。     下の2段は …

ご安全に!

  「ご安全に!」という挨拶、好きなんです。     今年の1月、東京がメッチャ …

のび太のシャツは何色?

  うちのHDDレコーダーには 2015年の9月から現在まで、「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」 …

学校の怪談

  自分でもときどき「怖いわ~」と思うことがありまして。     先生とか面接官 …

謎の「人気記事」に学ぶビジネスのヒント

  2008年から、受験生向けのブログを書いていました。 「眠れるライオンもたまには起きるっ」htt …

3歳児の「Are You Ready?!」

「ねえねえパパ、“Are you ready?”って何のこと?」   何のことって・・・てか、おまえ …

幼稚園児に割り算を教えてみる

上の子(6歳)が指を使って足し算、引き算できるようになってきました。   ちょっと褒めたら調子に乗っ …

できちゃった結婚の統計

若い世代の中には 安室奈美恵さんが「できちゃった結婚の元祖」であることをご存じない方も多いようで。 &nbsp …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 鈴木鋭智 Official BLOG All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.