「ビジネス書著者のロジック×予備校講師のわかりやすさ」ロジカルライティング講師・鈴木鋭智の公式サイト

ブログ

「田んぼアートといえば田舎館村」というブランドも、最初は不格好なモナリザで笑われたところから始まっていた件

  昨日は田舎館村の田んぼアートを見に行きました。 青森市から車で約1時間です。   いま …

激辛担々麺なのに「辛さひかえめもあります」なんてエクスキューズすると、誰にもモテない八方美人になってしまう件

激辛担々麺の記事を書くとき、 「辛いのが苦手な人でも大丈夫。辛くない担々麺もメニューにあります」 なんて書いて …

被災地復興のために現れたご当地ヒーローに、東北の蝦夷が大和朝廷と闘争を続けてきた歴史を垣間見た件

  うちの子たちがどこかのお祭りで新しいヒーローを見てきたそうです。   宮城のご当地ヒー …

広島弁では「たいぎい」、津軽弁でも「たいぎ」。本州の端と端で同じ方言が使われている謎

先週、青森県内の商業高校の生徒たちに小論文を教えていました。   私にとっては地元での仕事なんですが …

チャンネル争いを「じゃんけんで決めない」をルールにすると、紛争解決の選択肢が増えるんじゃないか仮説

子どもたちの間でチャンネル争いとかオモチャの取り合いとかが始まると、 「じゃあ、じゃんけんで決めよう」 となり …

ブログ更新できずにいました。

長いこと、ブログの更新が滞っていました。 出張先からブログの投稿画面にアクセスできなくなってしまって。 &nb …

右から左から泡沫候補まで「支離滅裂な投票行動」に見えるのは、毎回「◯◯してくれた人」に投票しているから

もうすぐ参院選です。 どの党の誰に投票するか、どうやって決めてます?   私の場合は 「最初に声かけ …

「国内でくすぶっている若者は、思い切って海外に出ると人生拓けるぞ」を実証する「ベストセラー著者あるある」

先日、友人とこんな会話になりました。   「日本に来て知り合う韓国人も 海外旅行中にドミトリーとかで …

「オランウータン問題」の答え方を見ると、人の思考回路には正解と不正解の分岐点があることがはっきりわかる件

  先日の、チンパンジーとオランウータンの話の続きです。 (箱を開けてバナナを取るのに、チンパンジー …

チンパンジーとオランウータンの実験から、「ぼーーーーーーーーっとしている」ように見える人の正体を考察してみた件

チンパンジーとオランウータン、 どちらが賢いのかという実験の話です。   箱の中にバナナが入っていて …

【参加資格が狭いw】7月7日、渋谷で人狼ゲームに参加できる人を募集します!!

  普通、ブログでの告知というのは 「新刊が出ました!」とか 「出版記念講演会をやります!」とか 「 …

即興で伴奏を弾く方法がやっとわかった父親 vs「『ド』だけで弾ける曲」を独自に解釈した4歳児

ピアノを習い始めた上の子(6歳)。 最初は「ド」だけで弾ける曲からスタートして、 だんだん「ドレミ」だけの曲と …

「オブラートに包まずズケズケ突っ込む文化」をうっかり翌日まで引きずって怖がられてしまった件

  金曜日、 出版の師匠・土井英司さんのトークショーでした。 「今日は著者のみなさんも多いようなので …

理系離れとか言われながらも、生物学では日本の高校生が「自由過ぎる研究」で世界から注目されている件

セミは地上に出てきてから1週間しか生きられないというのが定説でしたが、 実際は1か月くらい生きているそうです。 …

「文体には『です・ます』と『だ・である』がある」という明治以来の分類が間違っていることに今ごろ気づいた件

仕事柄、文体はいろいろ使い分けます。 論文、小論文の模範解答を書くときは「である」調。 ビジネス書やメルマガな …

「重要度・緊急度マトリックス」を使いこなせないのは「人生と仕事の選択権」を他人に握られているから仮説

  有名な「重要度・緊急度マトリックス」というものがあります。   やるべきタスク、TOD …

タクシー広告のテクノロジーが凄いことになっていた割に、東京タワー観光の親子には刺さらなかった件

  昨日、3回タクシーに乗りました。   最近のタクシーは後部座席にディスプレイがついてい …

フェイスブックで事故現場の写真に「すごいね」を押すと、面白がっているように思われそうでモヤモヤする件

  Facebookにちょっとモヤモヤする機能がありまして。 「いいね!」で選べる絵文字です。 &n …

1 2 3 13 »
PAGETOP
Copyright © 鈴木鋭智 Official BLOG All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.