セミナー受講後のアンケートというのがあります。

「本日のセミナーはいかがでしたか?

5:満足 4:やや満足 3:ふつう 2:やや不満 1:不満」

 

ここで

「1:不満」とかに◯がついていると

正直、グサッとくるものです(笑)

 

もっとも、

定員80人のセミナーで

79人が「5:満足」「4:やや満足」で

たった1人が「1:不満」(1.25%)だと

「たまには例外もあるよね」

なんて片付けることもできます。

 

事務局がアンケートを集計するときも「例外」として省かれると思います。

 

 

ところが今年、

 

3回続けて「1:不満」が1名ということがあったんです。

 

コメント欄にも

「グループワークはうざい」とか

子どもみたいに投げやりな感想が。

 

しかも

 

3回とも、同じ会社の方。

 

こうなると、凹むどころか

興味沸きますね。

 

「一体、どんな会社だろう???」

 

調べてみました。

すると案の定、転職サイトには辞めた社員たちによる恨みのコメントが。

 

見えてきましたよ。

理不尽な職場でストレスを溜めて、

半ば強制的にセミナーを受講させられ、

聞く気にならない上に、温度差のある隣の人とグループワークをさせられる。

 

そんな3時間。

キツいわけですよ。「1:不満」というのもわかります(笑)

 

 

そこで次のセミナーでは、

その会社の方「たった1名」をターゲットにしました。

(名札がないので、会場の中の誰なのかはわからないんですけどね)

 

 

コンテンツ自体はいつもと同じですが、

事例やエピソードを「会社の理不尽あるある」シリーズにしてみたんです。

転職サイトに書かれてあった恨み言に答える感じで。3時間。

 

そして、受講後アンケート。

 

その会社の方から、「5:満足」をいただきました。

コメント欄には、要約すると「心が軽くなりました」と。

 

それだけではなかったんです。

同じ話が刺さったというコメントを

他の会社の方からも多数いただきました。

 

 

「例外」じゃなかったんですよ!

 

ネガティブな感想って、

悪意とか意地悪とかではないんです。

何か解決してほしいことがあるんですよね。

 

それがたった1人、1.25%だとしても

おそらくその背後に同じ悩みの方が何人もいるはず。

 

 

「例外=少数意見」としてスルーするよりも

 

「例外=潜在的ニーズ」として掘り下げてみると

 

新しい発見があるものですね。




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》


◆2019年07月10日(水) 15:30~17:30
〈人事・部門教育ご担当者様向け かんき出版無料体験デモセミナー〉
「スッキリ文書で生産性アップ! 「ロジカルライティング」」
http://bit.ly/2GzibrJ

◆2019年07月16日(火) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2JWyxOz

◆2019年07月16日(火) 14:00~ 17:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2QcPl4Y

◆2019年08月19日(月) 10:00~ 13:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2x6OTwp

◆2019年08月19日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2InFsiB


関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師のわかりやすさ」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売から6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。