八戸“凱旋”講演の続きです。

 

中学校2年まで八戸で育ちました。

当時の八戸駅は小さな小さな古い駅舎だったんですよ。

年配の人たちは旧駅名「尻内(しりうち)」と呼んでいました。

 

あれから何十年、

新幹線が通って駅ビルだの飲食店だのホテルだの、新しいものばかりになった一角に、

 

昔と変わらないものを発見!!

 

本屋さんです。川村商店。

小さな町によくあるような、本とか文房具とかお酒とか日用品とか、なんでも置いてある感じの本屋さんです。

(川村商店という店名だったのは今回初めて知りました。子どもの頃は「尻内の本屋さん」と呼んでいたので)

 

 

小学生のころ、単身赴任の父がときどき帰ってくるのを迎えに行って、

待っている間この本屋さんで時間を潰し、父が着いたら帰りに1冊買ってもらう。

 

いつもこのパターンだったので、

私にとっては「八戸駅=川村商店」ってつながってるんですよ。

 

しかも、「読書の原体験=川村商店」でもあるんですよね。

 

そんなわけで、

大人になって本を書くようになったのも、

故郷八戸で講演なんかするようになったのも、

かなりの割合で川村商店のおかげです。

 

 

店内はさすがにちょっと新しくなっていました。

(うっすらした記憶では一番奥にレジがあって、おじさんが座ってた)

店内中央のレジにいる奥さんは「40年前じゃ、まだ私いなかったわね(笑)」

 

 

まさかこの本屋さんで、

自分の子どもにおみやげの絵本を買うようになるとは

あの当時は考えもしなかったなあ!

 

それにしても、

40年前にお世話になった店が

まだ残っているのは、嬉しいものですね。

 

何十年経っても変わらず受け入れてくれる場所があるって、

この移り変わりの激しい時代、とても貴重なことだと思います。

 

なんて感慨に浸っていたら・・・驚きの情報を発見!!

この川村商店、40年どころか

100年続いているらしいですよ!

詳しくはこちらをご覧ください→https://www.e-hon.ne.jp/bec/SF/ShotenHome?shotenCode=22215&List&TohanShotenHome

 

 

─────────────────────────────────

◆日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ◆

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。