100年そこにあること

 

八戸“凱旋”講演の続きです。

 

中学校2年まで八戸で育ちました。

当時の八戸駅は小さな小さな古い駅舎だったんですよ。

年配の人たちは旧駅名「尻内(しりうち)」と呼んでいました。

 

あれから何十年、

新幹線が通って駅ビルだの飲食店だのホテルだの、新しいものばかりになった一角に、

 

昔と変わらないものを発見!!

 

本屋さんです。川村商店。

小さな町によくあるような、本とか文房具とかお酒とか日用品とか、なんでも置いてある感じの本屋さんです。

(川村商店という店名だったのは今回初めて知りました。子どもの頃は「尻内の本屋さん」と呼んでいたので)

 

 

小学生のころ、単身赴任の父がときどき帰ってくるのを迎えに行って、

待っている間この本屋さんで時間を潰し、父が着いたら帰りに1冊買ってもらう。

 

いつもこのパターンだったので、

私にとっては「八戸駅=川村商店」ってつながってるんですよ。

 

しかも、「読書の原体験=川村商店」でもあるんですよね。

 

そんなわけで、

大人になって本を書くようになったのも、

故郷八戸で講演なんかするようになったのも、

かなりの割合で川村商店のおかげです。

 

 

店内はさすがにちょっと新しくなっていました。

(うっすらした記憶では一番奥にレジがあって、おじさんが座ってた)

店内中央のレジにいる奥さんは「40年前じゃ、まだ私いなかったわね(笑)」

 

 

まさかこの本屋さんで、

自分の子どもにおみやげの絵本を買うようになるとは

あの当時は考えもしなかったなあ!

 

それにしても、

40年前にお世話になった店が

まだ残っているのは、嬉しいものですね。

 

何十年経っても変わらず受け入れてくれる場所があるって、

この移り変わりの激しい時代、とても貴重なことだと思います。

 

なんて感慨に浸っていたら・・・驚きの情報を発見!!

この川村商店、40年どころか

100年続いているらしいですよ!

詳しくはこちらをご覧ください→https://www.e-hon.ne.jp/bec/SF/ShotenHome?shotenCode=22215&List&TohanShotenHome

 

 



《セミナーのお知らせ》

◆2019年12月17日(火) 19:00〜21:00【NEW!!】

KADOKAWAビジネスセミナー
「大人の小論文講座 ベストセラー作家・カリスマ講師が教えるロジカルライティング」

会場:五番町グランドビル7F KADOKAWAセミナールーム(東京・市ヶ谷)
ご案内 http://bit.ly/34Phll2
お申し込み http://bit.ly/2KbYyZ8



◆2019年11月18日(月) 10:00〜 17:00
りそな総研セミナー「論理的に「答える」「書く」、伝える技術」
ご案内 http://bit.ly/2ZtlYCr
お申し込み http://bit.ly/2ZB4HD2

◆2019年12月09日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2neqWl5

◆2019年12月09日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/2mnRcJz

◆2020年01月27日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2N6UQBY

◆2020年01月27日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2WASXk4




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス