2~4歳くらいの子どもって、歩き方がドタバタします。

これがマンションの下の階に響くらしく、

何度も何度も苦情を言われました。

 

ドタバタ、ドタバタ、ドタバタ、ドタバタ

ドタバタ、ドタバタ、ドタバタ、ドタバタ

ドタバタ、ドタバタ、ドタバタ、ドタバタ

 

《ピンポーーーーン♪》

 

「ほらぁ、下の奥さん来ちゃったじゃないか」

「ぼく戦うよ!」←2歳男児

戦わなくていいから。パパが謝ってくるから。

 

こんなことが何度もありました。
(本当にごめんなさい)

 

で、ある日。

またまた下の奥様に叱られました。

「もう、本当に困ってるんですけど!

あなた、反省してないですよね?

もっと厳しく言い聞かせてくださいっ!」

 

 

ご迷惑ばかりおかけして、申し訳ありませんm(_ _;)m

おっしゃる通りです。

どうにか対処しなきゃいけないのは重々承知しております。

 

 

でも、

その手段として

「厳しく言い聞かせる」かどうかは別の問題で。

 

 

小学生なら「人の迷惑にならないように」とか諭すこともできるでしょうが、

2歳と4歳(当時)ですから。。。

 

 

幼児の自然なバタバタ歩きを

厳しく言い聞かせて矯正するとか

 

子どもが楽しくはしゃいでいるのを

厳しく言い聞かせて黙らせるとか

 

それはなるべく避けたかったんですよ。

 

 

 

効果なさそうだし。

(「厳しく言い聞かせる=努力している」というポーズにはなるかもしれませんが)

 

 

 

そこで試してみたのが、

低反発素材のカーペット。

 

 

寝室兼子どもの遊び場にしていた和室に

ふかふか、もちもちのカーペットを敷いてみました。

 

 

すると、あら不思議!

普通に遊んで追いかけっこしても

足音がほとんどしません。

 

 

 

それ以来、苦情は一度も来なくなりました。

 

 

 

ちょっとお金はかかりましたけど。

でも円満に解決できたので、まあいっか。

 

 

そしたら最近、

上の子がダンスを習い始めまして、

 

さすがにジャンプしたら響くだろうと、

低反発カーペットの上に布団(エアウィーブ)を3枚並べて敷きました。

もともと寝室なので。

 

すると、

 

飛んでも跳ねても全然問題なし!

踊り放題、暴れ放題。

布団、最強です☆

 

 

・・・ていうか、

最初から布団敷いていれば済んだんじゃないか?

 

 

─────────────────────────────────

《セミナーのお知らせ》

◆2018年12月21日(金) 10:00~ 13:00 【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2xZZx8W


◆2018年12月21日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2IBjpmR


◆2019年1月23日(水) 13:00~17:00
大阪商工会議所「問題をサクッと解決できる『ミニマル思考』講座」
http://bit.ly/2CA7BRs



《日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ》

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。