こんなご相談を受けました。

「クライアントからのお問い合わせに対応するメールが、果てしなく長くなってしまうんです」

 

詳しく聞くと、

納品したシステムに不具合があった場合のために

会社のHPに問い合わせフォームを設けていて、

それに入力してもらうと具体的に状況がわかって対応しやすい。

 

ところが、

コールセンター(電話)宛にもメールを送れるようになっていて、

ここに来るメールが

「ようわからんが動かなくなった」

などの漠然としたものばかりだとか。

 

 

これは・・・返答のメールが長くなるのもわかります。

 

 

問い合わせフォームを見て挫折して、

電話をかけようとしたものの説明する気がないので

そこに書いてあったアドレスにメールを投げてみた

的なクライアントの場合、

 

まずは状況の確認から始めないといけません。

使用環境はAですか? Bですか?

Bだとしたら、データの形式はCですか? Dですか?

 

こんな感じで、文章でフローチャートを展開していくことになってしまいます。

正確に書いてあれば、フローチャートをたどって解決することもできるでしょう。

 

 

でも問題は

相手が「問い合わせフォームで挫折した人」ということです。

 

知識がなかったり、じっくり読むのが苦手ということもあるでしょう。

仕事が中断して慌てていたり、イラツイていることもあり得ます。

 

チャートを正しくたどっていられなくて、ブチ切れてしまうかもしれません。

 

 

こういうときは、読み手の心理を考えましょう。

このお問い合わせメールで、クライアントは何を求めているか?

 

「不具合を解消したい」?

なぜ不具合を解消したいんでしょう?

 

その本音は

「安心したい」じゃないですかね?

 

締め切り直前にデータが消えたとか、

目の前でお客様を待たせているとか、

「やばいよ、やばいよ〜」な状態なわけです。

 

この状況で人間が求めるのは

「正解」よりも「安心」です。

 

こう考えれば、

クライアントへの返答メールの形が決まってきます。

 

1 パニクっていても理解できるように、文面はシンプルに。

2 1通で全部説明せず、一問一答のキャッチボールをする。

3 何のための質問なのか、全体像と現在位置を示す。

 

「お使いのファイルはAですか? Bですか?」

だけだと、何のための質問なのかわからないので

「無意味なことばかり聞いて、時間稼ぎしやがって」

と思われかねません。

 

でも、

「お使いのファイルはAですか? Bですか?

Aなら◯◯で解決できます。

Bなら△△の可能性があります」

 

のように質問の「その先」まで添えると、

答えるたびに解決に近づいている感が出ます。

 

こうして毎回、希望をチラ見せしながら質問すれば、

相手もストレスを感じることなく一問一答に応じてくれます。

 

 

「クレームつけられないように」を考えたら、説明はどんどん長くなります。

でも「安心してもらおう」と発想を変えると、メールはシンプルになります。

 

文章の基本は「誰の、どんな問題を解決するのか」にフォーカスすること。

なんて、私もよくこれを忘れて失敗しますが(苦笑)

精進します。

 




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》【NEW!!】

◆2019年11月19日(月) 10:00〜 17:00【NEW!!】
りそな総研セミナー「論理的に「答える」「書く」、伝える技術」
ご案内 http://bit.ly/2ZtlYCr
お申し込み http://bit.ly/2ZB4HD2


◆2019年09月27日(金) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2XWWgBa

◆2019年09月27日(金) 14:00~ 17:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/30FrH4K

◆2019年10月10日(木) 10:00~ 17:00
SMBCビジネスセミナー「ロジカル・ライティング~正しく伝わる文章術~」
http://bit.ly/2YWmepS


◆2019年11月01日(金) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2MqVGdJ

◆2019年11月01日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/31JfAEq

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師のわかりやすさ」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売から6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。