IMG_4358

ここ数日、いわゆるロケというものに立ち会っていました。

日本経済出版社から7月に発売される高校向けDVD教材の監修です。

『小論文のオキテ55』『AO入試・推薦入試のオキテ55』の映像版と言ってもいい内容です。

書籍では表現できなかったこともいろいろ実現できました。

 

上の写真は模擬面接シーンの撮影中です。

「座ったときの足をあと5ミリ後ろに」とか

「『よろしく』と『お願い』と『いたします』の間を切って『お』と『い』を強く発音して」とか、

細かい細かいところを一つ一つ修正していきます。

誰も気づかないような重箱の隅を突いて「もう一回」と撮り直しをお願いするのは役者さんにもスタッフさんたちにも申し訳ないのですが、

この「誰も気づかないような修正」を重ねていくと、

「誰の目にも明らかな差」が生まれるんですよ。

「何が違うのかはわからないけれど、周りの人とは格が違う」という強烈な好印象が。

 

「人は見た目が9割」というのは面接における真実です。

面接の準備で「何を話そうか」ばかり考えている人はかなり損しています。

話が凡庸でも実績がなくても、所作のきれいな人が実際に勝っているじゃないですか。

「いやいや、マナーを学んだだけじゃ勝てないよ」と言う人は、大抵その「マナー」が大雑把なのです。

誰でも見てわかる範囲しか考えていない。

背骨と首の角度、指先の伸ばし方、左右の肩のバランス、アクセントと間のとり方、ドアを開ける角度、椅子までの足音、ズボンの裾幅と丈……、挙げ始めるときりがありません。

「神は細部に宿る」というのもまた面接における真実なのです。

 

 

 

 

 

 

─────────────────────────────────

◆日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ◆

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。