「面接だと聞いていたのに、なぜか司会やらされました」

「ディスカッションって書いてあったのに、実際はディベートでした」

「しゅ、集団面接って、相手を論破しなきゃいけないんですか?!」

 

集団面接と集団討論がごっちゃになっている人、結構います。

ディスカッションとディベートが違うことを知らない人も、多いですね。

 

 

「集団面接」とは、数人が並んで座って、面接官の質問に順番に答えるもの。

「集団討論」とは、与えられたテーマについて、みんなで問題解決すること。

 

 

その集団討論の中でも

賛成/反対の2つのグループに分かれて意見をぶつけ合うのが「ディベート」。

みんなでアイデアを出し合うのが「ディスカッション」。

 

 

ただ問題は、

企業の面接官も大学の先生も

これらの用語をゴチャゴチャに使っていることなんです。

 

 

事前に「面接」と言いつつ、本番でいきなりディベートが始まったり、

「立論→質疑→反駁」というディベートの形式もグダグダで成り行き任せだったり。

 

 

面接官は面接のプロであって、討論の専門家ではありませんから

仕方ないのかもしれませんが。

 

 

とはいっても、

面接官が適当だから、準備も適当でいい

というわけではないんですね。

 

みんな適当だからこそ、

正しい作法を身につけている人が圧勝します。

 

ディベート、ディスカッションそれぞれの

詳しい話はまた今度。

 

『採点者の心をつかむ 合格するプレゼンテーション・面接・集団討論』
鈴木鋭智・著 かんき出版

 

 

─────────────────────────────────

◆日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ◆

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。