『小論文のオキテ55』の重版が決まりました!

28刷 累計9万3500部

10万部までもう一息です!

 

2011年の発売から丸7年。

そのうち6年間はAmazon「小論文」カテゴリ1位でした。

息の長い応援、ありがとうございます!!

 

 

これまで参考書を6冊出し、そのうち3冊がそれぞれのカテゴリで1位になりました。

私はその戦略を「関所ビジネス」と名付けています。

 

参考書って科目が細分化されたニッチ市場なんです。

その分ライバルも少なく、しかもお客さんが毎年入れ替わるという安定市場でもあります。

 

問題は、このニッチ市場の中でどんなポジションを取るか。

 

予備校の先生は「すっごいハイレベルな本」を書きたくなるんです。

同業者に舐められたくないし。

 

でも私の本はその逆。

タイトルからして『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』です。

 

高度な内容とか、立派な解答例とか、一切なし。

何も知らない、勉強もしたことないような高校生が気軽に読めるように書きました。

 

すると「初心者が最初に読むべき1冊」になるんですね。

誰もが必ず通過するポイント=関所です。

 

ビジネス用語でいう「部分的独占」ってやつです。

ウォーレン・バフェットのいう「有料の橋」ってやつです。

 

『小論文のオキテ55』が広告費を一切使わずに売れ続けた理由、

それが「関所ビジネス」です。

 

 

でも、

やっぱり私も人間なので、

ときには著者としてのエゴが出ちゃったりするんですよ。

「俺の実力を見せつけるぜ!」的に高度な内容を書いちゃったりとか。

 

 

そういう本は、どれもコケました(苦笑)

関所にならないんです。

 

 

猛省します。

 

 

『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』(KADOKAWA)
https://amzn.to/2QToES8

─────────────────────────────────


《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg



《セミナーのお知らせ》

◆2018年12月21日(金) 10:00~ 13:00 【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2xZZx8W


◆2018年12月21日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2IBjpmR


◆2019年1月23日(水) 13:00~17:00
大阪商工会議所「問題をサクッと解決できる『ミニマル思考』講座」
http://bit.ly/2CA7BRs


◆2019年1月28日(月) 10:00~13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2zGZD6f


◆2019年1月28日(月) 14:00~17:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2UqNRWu

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。