セミナーの休憩時間や終了後に

ご質問をいただくことはよくありますが、

 

私の場合、さっき話した講義の内容について質問されることは滅多にないんです。

(たまに「メモが追いつかなかったのでもう一度」と言われることはあります。早口なので・笑)

 

ほとんどが普段のお仕事に関するご相談なんですね。

 

「いい話を聞けました♪」で終わらず、

実践への一歩を踏み出している。

素晴らしいことです。

 

 

某大学で、ゲスト講師として講演したとき、

質疑応答の時間を設けたら誰も手を挙げないんですよ!

 

えーっ?! 滑ったかなあ? そんなにつまらなかったかなあ?(汗)

 

司会役の教授も気まずそうにしていましたが、

終了した途端、教壇の前に長蛇の列ができたんです。

 

そのほとんどが、ものすごく個人的な相談。

「好きな子とうまくいってない」とか「進路のことで悩んでる」とか。

そりゃ200人いる教室では手を上げにくいわけですよ(笑)

 

 

(いま思い出しました。代ゼミ時代も講義内容の質問はほとんどなく、講師室に来る生徒は人生相談ばかりでした)

 

 

このように「しゃべる合間に相談に乗る」というのが私のスタイルなのですが、

このとき「スイッチの切替」が必要なんです。

 

 

「講師モード」のときは、ひたすらしゃべっています。

受講者に質問をよく振りますが、

話を展開するための「誘導」であって、あくまでも私のしゃべりを盛り上げるためです(笑)

 

 

でも、休憩時間や終了後に相談を受けるときは

先にしゃべっちゃいけないんですよね。

 

どんな事情で、何に困っているのか?

その質問の裏の本音は何か?

 

聞き出すことが何より大事なんです。

これが「コンサルモード」。

 

 

そもそも初対面の「先生」に最初からオープンマインドで話してくる人も滅多にいません。

最初は具体的な情報を伏せた、かなり丸めた形で質問されます。

 

そこからいろいろ聞いていくと、

最初に聞いた話とはぜんぜん違う風景が見えてくることも多いんです。

困ってるポイントは、そこじゃないじゃん!的な。

 

 

質問タイムはコンサルモードに切り替える。

しゃべらず、聞き出すことに徹する。

 

 

って、何でこの話を書いているかというと、

言ってる自分がこの鉄則を忘れてしくじったからです、最近(苦笑)

 

─────────────────────────────────

《セミナーのお知らせ》

◆2018年12月21日(金) 10:00~ 13:00 【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2xZZx8W


◆2018年12月21日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2IBjpmR


◆2019年1月23日(水) 13:00~17:00
大阪商工会議所「問題をサクッと解決できる『ミニマル思考』講座」
http://bit.ly/2CA7BRs



《日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ》

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。