自由研究には「What?」系と「Why?」系があって、子どもがどっちに興味を持つかは生まれつきのタイプなのかも仮説

2人の子どもたちと話していて、

彼らの「問い方の違い」に気づきました。

 

7歳の娘はいつもこんなことを聞いてきます。

「パパが一番好きな◯◯は何?」

「パパが小学校のときにやった失敗は何?」

「パパが子どものころ怖かったオバケは何?」

いつも「What?」を聞いてくるんです。

 

一方、4歳の息子はこうです。

「どうしてマンモスは絶滅したの?」

「どうしてヒーローは5人なの?」

「どうしてスズメは電線にとまっててもビリビリってなんないの?」

いつも「Why?」なんです。

 

たまたまの個性なのか、男女の違いなのかわかりませんが、

人間には「What?」に興味を持つタイプと「Why?」に興味を持つタイプがいるのかもしれません。

 

 

そう考えると、夏休みの自由研究なんてものも

虫でも貝でもいろいろ収集する系と

実験で原因を突き止める系に分かれるものなのかもしれません。

 

実を言うと、

私自身が実験系の心理学出身で「Why?」をやってきたもので、

「モノを集めるだけじゃ研究じゃねーだろ」と思っていたのですが、

 

自分の子どもたちを見ていたら・・・「どっちもあり」ですね(笑)

 

 

ちょっと前にネットで話題になった、こんなコピペを思い出しました。

 

物理学徒「ここがこうなってああなって」

数学徒「まって論理飛んでね?」

物理学徒「いや、ここは議論したいとこじゃなくて」

数学徒「いや、ここ飛ばすとその後の議論すべて意味ないやろ」

物理学徒「いや、大事なのは物理をどう捉えるかであって」

工学徒「動きました」

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2019.8.25 Vol.0362>




《新サービスのお知らせ》

■『ビジネス文書「なんでも添削&コンサル」パック』
1月期の募集は1月25日まで
http://suzukieichi.com/nandemotensaku/

《セミナーのお知らせ》

◆2020年01月27日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2N6UQBY

◆2020年01月27日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2WASXk4

◆2019年2月27日(木) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2P8XwQF

◆2019年2月27日(木) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/36rkUPf




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス