私、「鈴木鋭智(すずきえいち)」という名前がずっと嫌いでした。

 

まず「鋭智」を一発で読んでもらえることが滅多にないし、
(市役所の窓口で「えいともさーん」と呼ばれました。フリガナ書いてあるのに)

 

「えいいち」とか「えいじ」とよく間違えられるし、

 

子どもの頃は「エッチ」とバカにされるし、
(全国に数人いる「えいち」さんあるあるです)

 

しかも「鈴木」って、また平凡な名字。。。
(これは母もよく愚痴っていました)

 

 

一方、

代々木ゼミナールには「西谷昇二」先生という超スター講師がいて、

ご本人もカッコイイうえに、名前もスターっぽい(笑)

 

 

芸名(予備校ネーム)でもつければよかったんですよね。

それに気づいた頃にはすでに数年間キャリアを積んでいて、

いまさらリセットするのも気が引けたんです。

 

 

そんなあるとき、ふと考えました。

 

 

たとえば「グッチ」。

私の友人で「グッチさん」と呼ばれている整体師がいるんですが、それは「グッチ裕三」に似ていたからで、

決して本人がゴージャス&エレガントだからではないと思う(笑)

 

 

たとえば「フェラガモ」。

青森では放送禁止用語です!!

イタリア人の「フェラガモ君」が青森の小学校に転校してきたら、初日から悲惨な目に遭うことは間違いない。

 

 

先入観なしに名前だけ聞いたら、別にカッコイイ名前ではない。

にもかかわらず、

「グッチ」も「フェラガモ」も、誰もが憧れる一流ブランド。

 

 

なぜか。

その製品が一流だから。

名前を聞くと「あの素敵なバッグね、パンプスね」と連想するわけです。

 

 

そこで、開き直りました。

「この際、『鈴木鋭智』を『グッチ』や『フェラガモ』にしてしまおう!

何かを成し遂げて、『さすが鈴木鋭智』と言ってもらえるようにしよう!」

 

 

 

いまでいう、「自分ブランド」を強く意識した瞬間でした。

 

 

まだまだ、道半ばですけどね。まだまだ(苦笑)

 

 

それでも「『小論文のオキテ55』著者の鈴木鋭智です」と名乗って結構通用するようになったのは、

代ゼミを辞めた後、本当に本当に助かりました。

 

 

私の場合は「変な名前のコンプレックス」が動機でしたが、

 

それぞれの人生で、それぞれのキャリアで

 

「自分ブランド」は強力なサバイバル術になり得ます。

 

 

 

と、ここでお知らせです。

 

 

 

私の友人でもあり、

 

元駿台予備校の超人気講師で

 

ビジネス書『東大院生が開発! 頭のいい説明は型で決まる』が大ヒット中の

 

コンピテンシー・ブランドプロデューサー犬塚壮志さんが

 

自身のブランディングノウハウを初公開します!!

 

【11/10】起業家・ビジネスパーソン必見!ゼロから学ぶ自分ブランディング ~自分の強みを生かした「コンテンツ×伝え方」戦略~
http://bit.ly/2CgzSLU


この人です。

 

組織や会社の看板に頼らず、自分のブランドで食っていきたいという

士業、起業家、フリーランス、そしてビジネスパーソンのみなさんは

必見のセミナーです。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://bit.ly/2CgzSLU

 

─────────────────────────────────

《セミナーのお知らせ》

◆2018年12月21日(金) 10:00~ 13:00 【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2xZZx8W


◆2018年12月21日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2IBjpmR


◆2019年1月23日(水) 13:00~17:00
大阪商工会議所「問題をサクッと解決できる『ミニマル思考』講座」
http://bit.ly/2CA7BRs



《日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ》

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。