先日の「大事なことほど書き忘れる」という話の続きです。

今回は「面白いことに触れているのに、自分で気づいていない」というケース。

 

若い独身男性の方の文章です。

 

《僕は料理が好きです。

小さい頃からお母さんが料理するのを横で見ていました。

一人暮らしを始めて、自分でも作るようになりました。

ユーキャンで料理の勉強もしました。

料理をするようになると、外食に行っても

いろいろ細かいことに気づくようになりました。》

 

どうでしょう?

月並みな文章に思えました?

それともマザコンぽいとか思いました?

 

それより、何か妙な点に気づきません?

 

 

「ユーキャンの通信講座で、料理まで習えるんかい?!」

 

 

むかし、ユーキャンで「実用ボールペン字」を習ったものの、途中で挫折した経験があります。

でも、赤ペンの添削はとても丁寧だった。。。

 

そう、ユーキャンって「答案を出して赤ペンで添削される」というイメージがありますよね。

でも料理ですよ、料理。

どうやって「添削」するんだろう???

 

独身男性が通信講座で料理を習う。

お母さんの料理を見ていた話より、よっぽど興味を引きません?

 

 

《ユーキャンで料理を習えるのをご存知ですか?

教材のレシピ通りに料理を作ったら、

その「写真」を送ってアドバイスをもらいます。

母にも作ってあげられる腕前になりました。

「盛り付けだけはプロ並み」と褒められます。》

 

 

月並み感もマザコン感もなくなりました。

お母さんは思い出ではなく、オチ要員に使われています。

 

 

─────────────────────────────────

◆日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ◆

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。