新入社員研修のシーズンです。

 

社内研修では、

受講者の席に各自手書きの名札が置いてあったりします。

 

それぞれ字の癖というものがありますね。

筆跡診断によると(って私も詳しいわけではないんですが、過去に診てもらったときに言われたことを受け売りすると)

 

一画一画がきっちりつながっている人は几帳面で

線が離れている人はズボラとか、

枠に対して文字が小さい人は消極的で

ハネが大きい人は自己主張が強いとか、

枠の幅に対し均等に文字が並ぶ人は計画的とか、

「口」の右上の角が丸い人はルールを守らないとか(私です)、

「木」の右下払いが字の左側からスタートして真ん中の線を横切っている人は白黒はっきりさせたがる人、あるいは「刃物運」がある人とか(私です)。

 

もちろん諸説ありますが、

そんな目で、受講者の手書き名札を見ると面白いんですよ。

 

 

たしかに、当たってる。

 

 

ある企業様の新入社員研修(受講者20名)で、

1人を除いて、全員小さめのきちんとした字で書かれていたことがあったんです。

 

研修を始めていろいろやりとりしていると、

みんな真面目。いわゆる優等生が集まっていました。

 

そんな中で1人だけ、すべての線が離れている受講者がいたんです。

字も大きくて、豪胆な感じの。

 

私の研修では、「夏休みの宿題をいつやったか?」という質問をすることがあります。

「PDCA」に関連して、人間は計画性のない生き物だという話をしたくて。

 

小学生って、夏休みの宿題を計画的に早めに終わらせてから遊ぶ子と

後回しにし続けて、夏休みの最終日に泣きながらやっつける子に分かれます。

 

「計画的に終わらせた」と手を挙げる率は

一般の民間企業では1〜2割、

公務員と銀行員は5〜6割になることが多いですね。

 

で、今回も同じ質問をしてみました。

 

すると、「計画的に終わらせた」が20名中13名。

「後回しにした」が20名中6名。

 

あれ? 1名足りない。

 

あの豪放な字を書いていた彼が、どちらにも手を挙げていないんです。

「どっちでもないって、どういうこと?」

「宿題、出さなかったんで」

 

そっちかー!(笑)

 

この真面目っ子集団では、明らかに異端児です。

あとで人事の方が彼について話していました。

「あの子ねえ、一番心配ですよぉ。どうなっちゃいますかねえ?」

 

でも彼のようなタイプが1人いるだけで

新しい風を(というか嵐を)呼び込んでくれそうですし、

何より彼が上司になったら、部下ものびのび仕事できそうな気がします。

 

どういう経緯で採用されたのかはわかりませんが、

その辺を狙って1人だけ採用したのなら、巧みな人選ですよね。

 

今年もまたお邪魔するので、

彼がその後どうなったか、ウォッチしてこようと思います。

 

─────────────────────────────────


《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg



《セミナーのお知らせ》【NEW!】

◆2019年06月17日(月) 10:00~ 13:00【NEW!】
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2KbM7iF

◆2019年06月17日(月) 14:00~ 17:00【NEW!】
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2UwK9gR


◆2019年04月19日(金) 10:00~ 17:00
SMBCビジネスセミナー「ロジカル・ライティング 〜正しく伝わる文章術〜」
http://bit.ly/2DNZE9F


◆2019年04月22日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2T6OtDu


◆2019年04月22日(月) 14:00~ 17:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2Ud2ex3
─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師の話術」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、小論文指導に「問題解決のトレーニング」を導入する独自の手法で合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』は発売以来6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計15万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に国語の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。