相手に好き勝手しゃべらせているようで、実はこちらのシナリオ通りに「誘導」するという手品をよく使っている件

 

社内研修の講師をしている方に相談されました。

 

「パワポのスライドも作って、リハーサルもやってるのに、

本番で時間通りに終わったためしがないんです。

 

受講者に質問すると、いろんな答えが来るでしょ?

それに答えていくと、どんどん脱線して収拾がつかなくなるんですよ」

 

わかる〜(笑)

 

予定通りにキッチリやるか、

一期一会のアドリブか。

 

どっちも大事です。

 

できれば両立させたい。

 

そういうときは、

想定の範囲内で答えてくれるように「誘導」するといいですね。

たとえば「AとBなら、どっち?」みたいな二択にするとか。

 

 

こんな誘導もあります。

 

新入社員の研修や学生への講義で、

「『意見』を求められたら、何を言えばいいと思う?」

という質問をするんですが、

 

そのとき「ある仕草」をすると、

ほぼ全員が同じ答えを返してくれるんですよ。

 

講師のジェスチャーに騙されてる(笑)

 

その誘導された答えを受けて、

「ほら、みんなもそう思ったでしょ?

でも実は違うんです!」

といって本題に入るわけです。

 

受講者の好き勝手な答えに応じているように見えながら、

講師のシナリオ通りに話を進めることができるんですね。

 

私がどんな仕草をしているかは秘密なんですが、

この本にかなり影響を受けたことは白状しておきます。

『マジシャンだけが知っている最強の心理戦略』(スティーブ・コーエン)
https://amzn.to/2XaeFvK

 

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2019.11.14 Vol.0443>



《セミナーのお知らせ》

◆2019年12月17日(火) 19:00〜21:00【NEW!!】

KADOKAWAビジネスセミナー
「大人の小論文講座 ベストセラー作家・カリスマ講師が教えるロジカルライティング」

会場:五番町グランドビル7F KADOKAWAセミナールーム(東京・市ヶ谷)
ご案内 http://bit.ly/34Phll2
お申し込み http://bit.ly/2KbYyZ8



◆2019年12月09日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2neqWl5

◆2019年12月09日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/2mnRcJz

◆2020年01月27日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2N6UQBY

◆2020年01月27日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2WASXk4




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス