ある方と話していたときに、

私が言い出した「ある件」について

 

「それは一般的な会社員には縁遠いし、求められてないし、

日本の企業では受け入れられないだろう」

 

とバッサリ斬られました。

 

 

でもそのとき、心の中で

「よし! これは数年先を行ってるな。フッフッフ」

と半分喜んでいる自分がいたんですよ。

 

 

で、そういう自分に気づいて、また思いました。

「俺、タフになったなあ!」

 

 

10年前だったら、新しい提案を言い出すたびに相当ビビっていました。

隣の同僚に「はあ? 何それ? 聞いたことない」と言われるだけで、シュンと凹んで提案を引っ込めてしまうこともありました。

 

 

それがいまでは

「あー!そうそう!わかる!」と賛同されるとガッカリし、

「はあ? 何言ってんの?」と拒絶されるほどゾクゾクする。

 

 

ドMになったんじゃないんです。

展開がわかってきたんです。

 

 

2000年の春、「小論文は文章表現ではなく問題解決の科目だ」と言い出したとき、

同僚たちからは「新しい提案なんて受験生には無理。そこまで求めなくていい」と言われました。

 

でもいまでは

「解決策を提案しましょう」という教え方が一般的です。

小論文の常識が10数年かけて変わったんです。

 

 

 

2003年頃(?)、授業の雑談ネタとして話していたのが、

「自転車泥棒と放置自転車を同時になくす方法」でした。

 

自転車が「個人の所有物」だから、持っていない人は盗むし、

盗まれて別の場所に置かれた自転車は「他人の所有物」だから誰も手を付けず、放置自転車が溜まっていく。

 

だったら最初から「公共の財産」にして、置いてある自転車は誰でも乗っていいということにすれば、

街の中を自転車たちがグルグル回ることになって、自転車泥棒も放置自転車もなくなる。

 

そのときは生徒からも

「自転車売れなくなってメーカーが反対するんじゃないすか?」とか

「先生、共産主義者ですか?」とか、つっこまれました(笑)

 

 

でも、

あれから10年経ったら、

「シェアサイクル」という形で(不完全ながら)実現してるじゃないですか!

あのときに事業を立ち上げておくべきだった!(泣)

 

 

 

こういう経験がいくつも重なると、だんだんわかってくるんです。

 

「思いついたことは、いつか実現できる(誰かによって)」

「いま理解されないことほど、10年後のリターンが大きい」

 

こういう自信、確信を持っているかどうかで

人間の行動や生き方って大きく変わってくるんじゃないかと思います。

 

まあ、私は何十年もかかってしまいましたが、

若いうちから、子どものうちからこんな自信を持てたら、いいなあ。

 

─────────────────────────────────


《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg



《セミナーのお知らせ》

◆2018年12月21日(金) 10:00~ 13:00 【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2xZZx8W


◆2018年12月21日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2IBjpmR


◆2019年1月23日(水) 13:00~17:00
大阪商工会議所「問題をサクッと解決できる『ミニマル思考』講座」
http://bit.ly/2CA7BRs


◆2019年1月28日(月) 10:00~13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2zGZD6f


◆2019年1月28日(月) 14:00~17:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2UqNRWu

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。