雇われ講師を卒業して、

自分のブランドで食っていきたい。

 

そんなことに目覚めた知人の相談に乗ることが増えてきました。

 

講師としていままでとは違うフィールドに挑めそうな人もいれば、

本を出せそうな人もいれば、

ぜんぜん違う職業がありそうな人もいますが、

 

「とりあえず何かアウトプットを始めましょうよ」

とアドバイスすることが多いです。

 

「資格取ったり、勉強したり、インプットするべきですよね?」

「いや、その前にアウトプットです。ブログを始めて下さい」

こんな感じです。

 

 

「何屋で食っていくべきか問題」というのは、独立するときの最大の課題になります。

 

 

いままで雇われ講師として与えられた科目をこなしていた人は

「自分は何の専門家なのか」がなかなか見つからないんですよ。

 

受験英語を教えていた人が「英語の専門家」とは限らない。

もしかしたら「教育」とか「コーチング」が強みかもしれないし、

英米の文化や歴史に詳しいのかもしれないし、

六本木で外国人の女性をナンパするコミュニケーション能力かもしれない。

 

 

「何の専門家なのか」とは

「いままで何を仕事にしてきたか」ではなく

「何なら他の人に勝てるのか」なんです。

 

 

どうですか?

すぐには思いつかないでしょ?

 

 

なぜなら、自分の専門性というのは

あれこれアウトプットすることで定まってくるからなんです。

 

アウトプットしてみると、ウケる話、ウケない話がわかってきます。

ついつい調べて深掘りしたくなるネタもあれば、気の進まないネタもあります。

発信するときの文体も、いろいろ試して落ち着くものです。

 

そうやって合わないことが淘汰されていった結果、

自分にしか語れず、誰にも負けないニッチな分野が見つかるんです。

 

 

「準備ができてからアウトプット」ではないんです。

「アウトプットこそが準備」なんです。

 

 

こういう理屈なので、

「何の専門家なのかを決めてから、スタートしよう」なんて考えていると、

いつまで経ってもスタートできません。

 

 

そのうち、講師としての賞味期限が切れます(怖っ)

 

 

仮に、

悶々と自分の頭だけで考えて、

5年後ようやく自分の専門分野が決まったとします。

 

でも、そこから何を始めても

「専門家としてのキャリアはゼロ」

なんですよね。

 

だとしたら、

見切り発車でブログでも何でも初めておいて、

自分の売りが決まったときに

「もう5年もやってます」

と言える体裁を作っておいた方がいいんです。

 

 

まずはブログを立ち上げて、

自分が持っているコンテンツを全部出しきってみましょう。

自分が何屋なのかを考えるのは、それからです。

 

 




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》


◆2019年07月10日(水) 15:30~17:30
〈人事・部門教育ご担当者様向け かんき出版無料体験デモセミナー〉
「スッキリ文書で生産性アップ! 「ロジカルライティング」」
http://bit.ly/2GzibrJ

◆2019年07月16日(火) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2JWyxOz

◆2019年07月16日(火) 14:00~ 17:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2QcPl4Y

◆2019年08月19日(月) 10:00~ 13:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2x6OTwp

◆2019年08月19日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2InFsiB


関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師のわかりやすさ」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売から6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。