激辛担々麺なのに「辛さひかえめもあります」なんてエクスキューズすると、誰にもモテない八方美人になってしまう件

激辛担々麺の記事を書くとき、

「辛いのが苦手な人でも大丈夫。辛くない担々麺もメニューにあります」

なんて書いてしまうと、刺さらない文章になっちゃいます。

 

辛い話なの? 辛くない話なの?

辛いのが苦手なら、激辛担々麺の店に入らなきゃいいだけなのに。

 

こういうときは

「辛さMAXにすると、もうヤバいです!」と振り切った方が

激辛好きの人たちには確実に刺さりますよね。

 

 

文章を書くとき、セールストークをするとき、

新規ビジネスを考えるとき、

八方美人やってしまうこと、あります。

 

失敗したくないという「守り」に入っていることもあれば、

お客さんを総取りしたい、なんて「欲」に駆られることもあると思います。

 

「保身」と「欲」。

対極に見えますが、どちらも判断をブレさせるノイズです。

 

この2つと対極にあるのは・・・

「潔さ」ですかね。

嫌われてもいい、損してもいい、失敗してもいい。

そう割り切って勝負に出る。

 

表現でも商売でも同じかもしれません。

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス