流れるようなエッセイが得意な人でも、論文や報告書になると書けなくなってしまうのは◯◯が原因だったりする件

 

文章を書いている途中で

あとが続かなくなること、よくあります。

 

多いのが、

「しかし」「また、」「たとえば」などの接続詞まで書いて、

そのあとが浮かばない・・・というケース。

 

必要ない接続詞をうっかり書いてしまったのが原因です。

 

何となく「流れ」とか「リズム」とかで書き進めていると、

次の文を考えずに「また、」と続けてしまって、

 

意味もなく書いてしまった「また、」に縛られてしまうんですね(笑)

もう一つ何か並べないと次に進めない!

四字熟語で「自縄自縛(じじょうじばく)」といいます。

 

 

エッセイ的に流れる文章を書き慣れている人が

論文や報告書を書くと、こうなりやすいんですよ。

 

 

こういう人は、箇条書きから始めてみましょう。

 

各段落の内容を「思いつくまま」「1センテンスずつ」並べていきます。

出揃ったら、

パソコンのアウトライン機能ならサクサク順番を並べ替え、

手書きなら書く順番に番号を振っていきます。

 

すると、あ〜ら不思議!!

接続詞がなくても意外と話が通じることに気づきます。

 

構成ができていると、接続詞は少なくて済むんです。

思いつきで書くから接続詞がたくさん必要になり、

不要な接続詞に縛られてあとが続かなくなる。

 

接続詞をムダに書かない。

そのために、あえて箇条書きから始める。

試してみて下さい。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2019.11.13 Vol.0442>




《新サービスのお知らせ》

■『ビジネス文書「なんでも添削&コンサル」パック』
1月期の募集は1月25日まで
http://suzukieichi.com/nandemotensaku/

《セミナーのお知らせ》

◆2020年01月27日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2N6UQBY

◆2020年01月27日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2WASXk4

◆2019年2月27日(木) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2P8XwQF

◆2019年2月27日(木) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/36rkUPf




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス