某出版社で打ち合わせをしていたとき、

 

歴史モノは新書や文庫なら売れるけど、単行本では売れない

 

という話になりました。

 

 

たしかに最近の大ヒットは中公新書の『応仁の乱 – 戦国時代を生んだ大乱』(呉座勇一・著)。

300ページもあるのに、972円。お買い得です。

 

一方、ビジネス書、実用書は単行本で1500円くらいするのが普通。

 

 

この違い、

おそらく読書が「投資」か「娯楽」か、という違いなんじゃないかと思います。

 

1500円のビジネス書を読んで何か実行すると

売上が増えたり昇進できたり、投資額の何百倍も儲かります。

 

でも歴史モノを読んだところで

すぐにキャッシュは増えませんからね(笑)

それが1500円の単行本になかなか手が伸びない理由じゃないかと思います。

 

 

しかし、

 

しかしですよ。

 

私は歴史モノも単なる娯楽とは思わないんです。

 

 

30歳くらいの頃は『逆説の日本史』(井沢元彦 小学館)や『ローマ人の物語』(塩野七生 新潮社)にハマっていました。

(全巻買い揃えたのは文庫版でしたが・笑)

 

 

『ローマ人の物語』によると

アッピア街道、エミリア街道などのローマ街道は

建設した貴族の名前がつけられていて、

自分の名前がつくからこそ手抜き工事なんかあり得ず、いい仕事をしていたそうです。

 

これを

現代の公共事業と比べるか、

社内のプロジェクトの進め方に応用するか、

自己ブランディングのヒントとするか。

 

活かし方は人それぞれです。

 

 

 

こんなのもありました。

 

ローマは戦争で周辺国に勝つと、

相手国の王子を「人質」として本国に送りました。

 

ただし、貴族の家で大事に預かり、

首都ローマの文明と繁栄を見せつけ、

高度な教育を受けさせて、

すっかり「ローマ大好きっ子」にさせてから

故郷に帰らせた。

 

そのローマ大好きな王子たちがいずれ王になるわけですから

安全保障の戦略としても

移民政策のあり方という面でも

学ぶところは大きいと思います。

 

 

いつどんな形で儲けにつながるのかはわかりませんが、

 

歴史モノの本を読むことは

ものすごく長期的な投資(種まき)ともいえるんじゃないでしょうか。

 

 

 

ゴーンさんが逮捕されて、

カエサルや織田信長にたとえる記事を目にしながら、

 

そういえば最近、歴史モノ読んでないなあ

実利的な読書ばかりで、教養的な読書から遠ざかっていたなあ

と反省した次第です。

 




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》


◆2019年07月10日(水) 15:30~17:30
〈人事・部門教育ご担当者様向け かんき出版無料体験デモセミナー〉
「スッキリ文書で生産性アップ! 「ロジカルライティング」」
http://bit.ly/2GzibrJ

◆2019年07月16日(火) 10:00~ 13:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2JWyxOz

◆2019年07月16日(火) 14:00~ 17:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2QcPl4Y

◆2019年08月19日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2x6OTwp

◆2019年08月19日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2InFsiB


関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師のわかりやすさ」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売から6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。