鈴木鋭智です。

新入社員のみなさん、研修の毎日お疲れ様です!

 

新入社員研修をしていると、言われますね。

「『小論文のオキテ55』読んでました!」

「代ゼミで現代文の授業受けてました!」

受験から何年も経ったはずなのに、覚えていてくれるなんて!

ありがたいことです。

 

 

予備校講師から企業研修講師に転身して数年経ちます。

はっきり言って、いまの方が「価値のあることを教えている」という実感がありますね。

なんせ「受講した翌日、契約取れました」とか「部下との関係が変わりました」とかよく言われますから。

受験の勉強よりも「稼ぎ」につながる即効性があります。

 

(学校の国語とビジネス国語の絶望的なギャップについては、また別の機会に)

 

みなさんの仕事人生に、ビジネス国語が少しでもお役に立てたら幸いです。

新社会人ライフをエンジョイしてください!!