YouTube予備校に出演してみて、

気づいたことがあります。

 

なんか、「軽い」んです。

 

代ゼミにいた頃のような一生懸命な感じではなく、

めっちゃ余裕で話しているというか、自信満々というか(笑)

 

なぜだろうと思って考えてみたら、

 

10年前は自分のメソッドに「自信」はあったものの、

裏付けがなかったんですね。

「受験では通用する。でも社会的には本当に通用するのか?」みたいな不安があって。

 

 

実は「小論文の模範解答」にはいくつかのレベルがあります。

1 教室で通用するレベル(生徒は騙せるが、受からない)

2 受験で通用するレベル(倍率が高くなければ受かる)

3 社会で許容されるレベル(間違った提案はしていない)

4 社会の役に立つレベル(新しく実効性のある提案)

 

予備校の中にいると、「2 受験で通用するかどうか」はわかるのですが、

3と4の「社会で通用するかどうか」は自信が持てないんですね。

 

 

そこで、2012年からCSS公務員セミナーに登壇してみました(代ゼミを辞める前です)。

大学入試よりも、リアルな社会問題が出題されるので。

すると、

代ゼミ時代のメソッドがそのまま通用したんです。

 

 

さらに2014年からビジネスセミナー、企業研修でも試してみました。

すると、

実際のビジネスの現場での困りごとを解決することができたんです。

 

それにいろんな企業様やセミナーにリピートで呼んでいただいて、

思った以上に需要のあるメソッドでした。

 

なんだ、やっぱり社会で通用するじゃないか(ホッ♪)

 

・・・という、

数年がかりの裏付けがあるので、

いまなら予備校業界の誰にイチャモンつけられても、負けないと思います。

 

教えていることはほとんど変わっていないのに、

1つ上のステージにいるかのように

余裕で話せてしまう。

 

これが「裏付けの力」なのかもしれません。

コンテンツに自信をつけたかったら、

外の世界にアウトプットしてみることをお勧めします。




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》【NEW!】

◆2019年7月10日(水)15:30~17:30【NEW!】
〈人事・部門教育ご担当者様向け 無料体験デモセミナー〉
「スッキリ文書で生産性アップ! 「ロジカルライティング」」
http://bit.ly/2GzibrJ


◆2019年05月20日(月) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」

◆2019年05月20日(月) 14:00~ 17:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2IF0Lg1

◆2019年06月17日(月) 10:00~ 13:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2KbM7iF

◆2019年06月17日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2UwK9gR


関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師の話術」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、小論文指導に「問題解決のトレーニング」を導入する独自の手法で合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』は発売以来6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計15万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に国語の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。