才能はあると思ってたんだけどなあ・・・(苦笑)

自分に向いていることがわからない、とか

好きなことを仕事にしたい、とか

進路やキャリアについて悩む方、多いですよね。

 

 

でも、

向いているかどうかって、自分の頭で考えてもわからないものです。

 

やってみて、勝てた・稼げた・評価された方を選ぶというのがいいと思います。

 

 

私、30歳までバンドやってました。

当時すでに予備校講師でしたが、年度によって金髪だったりロン毛だったりしてました(笑)

 

で、31歳でやめました。キッパリ。

 

 

ふと、気づいてしまったんですね。

 

 

「俺、音楽では1円も稼いでなくない?」

 

 

コンテストに出れば「東北大会の決勝」くらいには勝ち残る。

東北6県からオーディションに殺到する仙台七夕まつりの「夕涼みコンサート」には、応募した2回とも出演できた。

地元のFM局が主催するイベントには何度も呼ばれて出演していた。

 

 

評価はされるんですよ。

ただし、すべてノーギャラだったんです。

 

 

一方、

学生時代からライター的なアルバイトで原稿料を稼いでいて、

家庭教師→塾→専門学校→予備校とどんどんギャラがアップしていました。

 

 

「ギャラ」という尺度で市場がすでに判定を下していたんです。

 

 

ずっと「自分には音楽の才能がある」と信じて疑わなかったけれど、

「できればプロになりたい」とかって中途半端な夢を抱いていたけれど、

 

「実際、稼げていない」という事実には逆らえませんでした(笑)

 

 

ラッキーだったのは、音楽一筋に打ち込んでいなかったことですね。

他のことで稼いでいなかったら、

音楽で売れるまでずっとチャレンジし続けていたかもしれません。

 

 

あれこれやってみて成果を比較するって、大事ですね。

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス