上の子(6歳)が指を使って足し算、引き算できるようになってきました。

 

ちょっと褒めたら調子に乗って、

砂場で遊んでいたお友だちのママに自慢しようとします。

 

「何かさんすうの問題出して(ドヤッ)」

 

「算数できるの? すごいねー!

じゃあ、3+2は?」

 

「・・・・・・」

 

両手に泥団子を持っていて指を折れない! 残念!!

 

 

今度は「わりざん教えて」と言い出しました。

九九も知らないくせに。

小学校2年生のいとこが宿題やっているのを見て、真似したくなったようです。

 

じゃあ、オセロ持っておいで。

 

「いま白が6人いるね?

この6人が2つのグループに分かれたら、何人ずつだ?」

「3人ずつ」

「それが6÷2」

 

 

「こんどは8÷4。

8人が4つのグループに分かれるよ。何人ずつだ?」

「・・・・『グミ』でやっていい?」

「グミ? 何それ?」

「ひまわり組、ばら組、ゆり組、すみれ組・・・あ、2人ずつ」

 

 

この子の幼稚園は1学年4クラスなのでイメージしやすかったようです。

 

 

「じゃあ、次は10÷5。

10人が5つのグループに分かれたら、何人ずつ?」

「ひまわり組、ばら組、ゆり組、すみれ組・・・職員室!」

 

 

 

わり算のあとに、かけ算を教えました。オセロで。

 

「4×4いくぞ。

よこに4つ、たてに4つで四角作ってみな。

全部で何個?」

「1、2、3、4、5・・・・・・16!」

 

結局ぜんぶ数えます(笑)

 

8×8になると、根性です。

 

 

─────────────────────────────────

◆日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ◆

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。