定例的な会議での報告こそ、最初にドーンと差別化を打ち出して聞き手の関心を引くパフォーマンスが有効である件

 

私がセミナーでお伝えしているコンテンツの構成法に

「3D話法」というものがあります。

ざっくり要約すると、

文章でもプレゼンでも

・Difference(差別化)
・Detail(具体的詳細)
・Development(今後の展開)

この3つのベクトルで話を構成すると、読み手・聞き手は必ずどこかに食いつくというものです。

 

 

(詳しくは、拙著をどうぞ!

『合格するプレゼンテーション・面接・集団討論』 https://amzn.to/2DVLXbc

 

 

一方、「話し方の基本」として「PREP法」というのがあります。

・Point(結論を最初に言う)
・Reason(その理由)
・Example(具体的事例)
・Point(結論をもう一度)

3D話法とは順番が、ベクトルが全然ちがいます。

 

どっちが正しいとかではなく、

単なる報連相ならPREP法、相手を動かすには3D話法

あるいは

1分間プレゼンならPREP法、もっと長いプレゼンは3D話法

と使い分けるのが正解です。

 

 

という話をしたところ、受講者の方からご質問をいただきました。

「四半期に一度、1時間ほどの定例的な発表をします。

この場合はPREP法ですか? それとも3D話法ですか?」

 

定例的な会議で5分か10分の報告だけならPREP法でもいいでしょうが、

1時間ですからね。

 

PREP法で1時間もしゃべると、

「結論はもうわかった。あとはその理由を並べるだけだな。もういいや」

と、聞き手を引っ張るが難しくなります。ネタバレしてますから。

 

定例的で、みんなが惰性になりそうな会議の発表こそ、

最初に「Difference(差別化)」を打ち出しましょう。

 

「今回はいつもと趣向を変えて、△△の観点からご報告します!」

「今期の業績の特徴を一言でまとめると、◯◯効果です!」

 

(お、何か面白いこと始まりそうだぞ)と思わせたら勝ちです。

 

冒頭で(はいはい、いつもと同じ話ね)と思われたら、

あとで大事な話をしてもスルーされてしまいますからね。

 



《セミナーのお知らせ》

◆2019年12月17日(火) 19:00〜21:00【NEW!!】

KADOKAWAビジネスセミナー
「大人の小論文講座 ベストセラー作家・カリスマ講師が教えるロジカルライティング」

会場:五番町グランドビル7F KADOKAWAセミナールーム(東京・市ヶ谷)
ご案内 http://bit.ly/34Phll2
お申し込み http://bit.ly/2KbYyZ8



◆2019年11月18日(月) 10:00〜 17:00
りそな総研セミナー「論理的に「答える」「書く」、伝える技術」
ご案内 http://bit.ly/2ZtlYCr
お申し込み http://bit.ly/2ZB4HD2

◆2019年12月09日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2neqWl5

◆2019年12月09日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/2mnRcJz

◆2020年01月27日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2N6UQBY

◆2020年01月27日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2WASXk4




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス