自分でもときどき「怖いわ~」と思うことがありまして。

 

 

先生とか面接官とかリーダーとか

人の能力や姿勢を見る立場の方って、

 

 

「人を伸ばすプロ」になっていく人と

「人を査定するプロ」になっていく人に分かれます。

 

 

査定といっても、

これができてないからマイナス5点、

これ失敗したからマイナス10点のような

減点主義的なやつ。

 

 

「こうあらねばならない」からちょっとでも外れていると

鋭い眼がキラーン!と光って見逃さない。

 

 

ま、これはこれで

教育とか組織とかにおいては必要なことかもしれませんが、

 

 

どこかに遊び心がないと、

人の能力って伸びないんですよね。スパークしない。

 

 

ところが、

 

人を評価する立場、

人に命令する立場、

人を裁く立場になると、

 

 

うっかり「間違い探しモード」の方が発動し、

飲み込まれてしまうんですよね。

 

 

しかも、

役職を離れても染み付いてしまう。

 

店に入れば店員の不手際が許せず、

外を歩けば通行人のマナーに目くじらを立て、

家に帰れば家族の嘘を問い詰め、

テレビを見ればBPOに通報したくなる。

 

 

 

怖い、怖い。

 

自分でも気をつけます。

 

ぶっちゃけ、ときどきあるので(汗)

 

 

─────────────────────────────────

◆日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ◆

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。