いままで、いろんな人に出会って

いろんなことを教わってきましたが、

 

必ずしも

いい人、気の合う人、好きな人

とは限らない。というお話です。

 

 

大学に入学してすぐ、

本当に相性の悪い男がいました。R君です。

 

彼はクラスを仕切るのが大好き

飲み会を仕切るのが大好き

みんなで盛り上がるのが大好き

 

一方、私は

他人に仕切られるの大嫌い

飲み会のノリが大嫌い

みんなでつるむの大嫌い

 

(それに何かと「俺、東京出身」をひけらかすところも気に入らなかった・笑)

 

なので、R君とは水と油というか、

合わないを通り越して、一触即発の敵同士(笑)

 

のちに同じ研究室になったときには

周りの同級生も

「この2人、同じ部屋にいていいのか?」

みたいなピリピリした空気になっていました。

 

そんなある日、

授業で各自が担当部分について発表するという場がありまして、

文献をまとめるくらいの発表なので、

しかも文系、心理学専攻なので、

多くの人のレジュメは文章メインになるわけですよ。引用とか。

 

ところがR君のレジュメだけ

キーワードを矢印でつないだだけの

フローチャート(図)だったんです。

 

へー、物事ってこんなにシンプルに説明できるんだ?!

みんなと全然違うスタイルで発表しても、いいんだ?!

 

このとき、パカっと蓋を開けられたような気がしました。

 

私の後年のキャリアにものすごく影響していることは言うまでもありません。

 

 

それからしばらくして、

 

教授の退官祝いのパーティーの帰り、

たまたまR君と同じ方向に歩くことになってしまいました。

 

このときも友人たちは「えっ?」みたいな反応でしたが、

そのころには2人とも人生いろいろあって丸くなったのか、

一触即発という間柄ではなくなっていたんですよ。

 

 

その帰り道、酔ったR君が言うんです。

「俺さあ、数字って2から始まると思うんだよ」

 

は?

 

「だってさ、ものが1つだったら数える必要ないじゃん。

2つ以上あるから数字が必要になる」

 

えっ、何こいつ?

インド人のゼロ並みに凄いこと言ってない?!

 

結局、大学院を出るまで「仲良し」にはなりませんでしたが、

R君のエキセントリックな発想はずっと私の中に残っていて、

 

彼がいなかったら『小論文のオキテ55』も『ミニマル思考』も書いてなかったかもしれません。

 

だったら謝辞でお礼くらい書けよって話ですが、

いまどこで何してるか知らないし(笑)

 

大嫌いだったけど、大きな影響を受けた男の話でした。

 

 

─────────────────────────────────

◆日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ◆

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。