869226db143f0f835f2802e6b7ed324e_s

高校授業料無償化に続き、今度は大学にも無償化の話が浮上しているようです。

「貧しいために教育の機会が奪われるのは不条理だ」
「奨学金の返済に苦しむ卒業生が多い」

だから大学も無償化して、国民の教育負担を減らしてあげようという理屈のようです。

 

しかし、本当の問題は

「大学を出ても稼げなくなっている現実」にあるのではないでしょうか?

 

もし大卒の方が高卒よりはるかに高い収入が得られ、簡単に学費の元が取れるなら、

借金してでも大学を出る価値はあります。

大学進学にお金を使うことは本来「投資」だったのです。

返済型の奨学金はそういう意味で「投資型の借金」でした。

 

卒業後に奨学金を返せない社会人が増えているということは、

いまの日本では大学進学が「投資」ではなくなっている、ということです。

「大学を出る=稼げる」にならなくなっている、ということです。

 

 

それなのに国が負担してまで大学を無償化しようという話になっているのは、

「投資にはならないが、一応大学くらい出ておかないと(たぶん)もっと苦労するから」

という後ろ向きの理由で誰もが大学に行きたがるから。

 

つまり、大学の学費が「投資」ではなく「必要経費」になっているのです。

経費だから、「できればお金を出したくない」という節約論になってしまっているのです。

 

投資としての意味を失った大学を無償化したら、どうなるか?

学生は「どうせタダなんだから」というモチベーションになり、

教員も「どうせタダなんだから」というクオリティになる。

目に見えています。

 

いまの大学教育が時代に合っていないのかもしれないし、

若者を活かせない企業が悪いのかもしれませんが。

いずれにせよ、大学の無償化を議論する前に、

大学を「借金して入っても元が取れる投資先」にする方法を考えるのが先でしょう。

─────────────────────────────────


《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg



《セミナーのお知らせ》

◆2018年12月21日(金) 10:00~ 13:00 【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2xZZx8W


◆2018年12月21日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2IBjpmR


◆2019年1月23日(水) 13:00~17:00
大阪商工会議所「問題をサクッと解決できる『ミニマル思考』講座」
http://bit.ly/2CA7BRs


◆2019年1月28日(月) 10:00~13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2zGZD6f


◆2019年1月28日(月) 14:00~17:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2UqNRWu

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。