「明らかに表現のミスが多い文章」や

「関係ないことが並んでちぐはぐな文章」というのは

その場でザクザク直せます。

 

でも、

「とりあえず内容はわかるし、特にダメな点はないんだけど、

そんなに刺さらない文章」というのは、

紙の上だけでは直せないんですよね。

書いた本人からいろいろ聞き出す必要があります。

 

 

ある部品メーカーの方。

 

《創業何年で、工場がどこにあって、削り出す技術がこうこうで、その部品の種類は何百あって・・・》

 

「これは取引先や営業先に読んでもらう文章ですか?」

「いえ、一般の人に会社のことを知ってもらう文章を想定して書きましたけど」

その割には・・・冒頭から専門家しか読めない感じですよねえ。

「ところで、その部品ってどこで使われてます? 一番有名なとことか、すごいとことか」

「トヨタのエンジンとか、あとハーレーダビッドソンとか・・・」

「ハーレー?! マジっすか?! それ、最初に書きましょうよ!」

 

《ハーレーのエンジンに使われるこの部品。弊社のこういう技術で作られています。》

 

こっちの方が、一般の人が食いつきますよね。

 

人は大事なことほど書き忘れるんです。

 

読み手にとっては面白くて価値のあることなのに、

書き手にとっては日常のことなので、

せっかくの価値に気づかずスルーしてしまう。

 

だから、書き手にいろいろ聞いて

価値のあるネタを掘り起こす必要があるわけです。

 

紙に赤入れするだけではここまでできないんです。

書き手と添削者が対話して初めて、

文章は化けるんです。

 

─────────────────────────────────

◆日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ◆

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。