定期的に登壇しているセミナーで

受講後のアンケートというのがあります。

 

 

「本日のセミナー講師はいかがでしたか?」から

「受付、司会、その他のサービスはいかがでしたか?」まで

いろいろな質問に5段階で答えるわけですが、

 

 

その中に

「本日のセミナーのレベル感はいかがでしたか?」

という項目があります。

 

 

「5:難しかった 4:やや難しかった 3:ちょうどよかった 2:やや簡単だった 1:簡単だった」

 

 

「5:難しかった」や「1:簡単だった」が多ければ

難易度が受講者に合っていないということなので、

テキストの内容や事例の説明の仕方を調整します。

 

特に「1:簡単だった」は

「若手向けで管理職の自分には物足りない」とか

「もっと高度なことを聞きたかった」など

ネガティブなコメントを添えられることも多く、

受講者とのマッチングに関わる改善ポイントなんですよ。

 

 

だからアンケートには結構マメに目を通します。

 

 

すると、

ときどき「おや?」と思うことがあるんです。

 

 

100人くらい受講者がいると、4~5人は外国出身の方がいます。

やっぱり読み書きのワークではみなさん苦労するんですよね。

 

先日も全体でワークをやっている間、一人の方に

平仮名の「す」と「お」の書き方を教えていたり(笑)

 

私のセミナーは結構ハイテンポなので

大丈夫かなあ? 聞き取れてるかな? ついてこれるかなあ?

と心配してしまうのですが、

 

そんな外国人受講者のほとんどが、

アンケートでは

「1:簡単だった」と答えるんですよ。

 

 

ウソでしょ?!

苦労してたでしょ?

いっぱい質問してたでしょ?

それで「レベル低すぎ」って、批判?

まさか、チャイニーズ・ジョークの一種とか?

 

 

外国人には難しかったはずなのに、

「1:簡単だった」が日本人より多い。

これがずっと腑に落ちなかったんですよ。ここ2年くらい。

 

 

そして先日、

 

ふと気づいたんです。

 

 

もしかしたら、

彼らの「簡単だった」は

「わかった」の意味だったのではないか?

 

難しい=わからない点が残った

簡単だった=すべて解決できた

 

だとしたら、

あれだけ苦労して、質問して、

てにをは(助詞)まで直された外国人受講者たちが

そろって「1:簡単だった」と答えるのも筋が通ります。

 

 

日本人受講者は「セミナー内容の難易度」を答えるのに

外国人受講者は「自分の理解度、満足度」を答えていた

かもしれない。

 

 

もう一度、質問項目を見てみましょう。

 

「本日のセミナーのレベル感はいかがでしたか?」

 

「レベル感」・・・たしかに客観とも主観とも取れる表現でした!

 

 

皮肉なチャイニーズ・ジョークじゃなかったんですね(笑)

 

 

外国人社員との気持ちの行き違いは

こんな些細なズレが原因だったりするものです。

─────────────────────────────────


《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg



《セミナーのお知らせ》

◆2018年12月21日(金) 10:00~ 13:00 【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2xZZx8W


◆2018年12月21日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2IBjpmR


◆2019年1月23日(水) 13:00~17:00
大阪商工会議所「問題をサクッと解決できる『ミニマル思考』講座」
http://bit.ly/2CA7BRs


◆2019年1月28日(月) 10:00~13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2zGZD6f


◆2019年1月28日(月) 14:00~17:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2UqNRWu

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。